5月, 2018年

シルバー総会挨拶

2018-05-30

※※※5月30日(水)※※※

平成30年度野洲市シルバー人材センター総会が開催され来賓出席し、ご挨拶をさせて頂きました。

~ ~ ~ 本日は、「野洲市シルバー人材センター定時総会」が、この様に盛大に開催されましたこと、誠におめでとうございます。

野洲市シルバー人材センターにおかれましては、地域から信頼される高齢者就業の拠点として、また、就業ニーズに対応する機関として、さらには、会員同士の触れ合いの場として、日々ご尽力頂いておりますことに、改めて敬意と感謝を申し挙げます。

引き続き長寿社会の活性化のために、ご経験豊かな皆様方のお力添えを賜りますよう、心からお願いを申し上げます。

さて、皆様も既に良くご存じだとは想いますが、昨年公表されました「平成27年都道府県別生命表」で、滋賀県の男性の平均寿命は81.78歳で日本一、女性も87.57歳で第4位にランクされ、本県は日本一の「健康長寿県」となりました。

また、「平均寿命」だけでなく、「健康寿命」についても平成25年度に厚生労働省が公表した「健康日本21の推進に関する報告書」では、男性79.47歳で第2位、女性84.03歳で第3位 ということでありました。

そこで、本県の「平均寿命」や「健康寿命」が全国最上位にランクされる理由について、先日、本県の分析結果が公表されましたので、かい摘んでご紹介させて頂きます。

先ず、本県の「平均寿命」や「健康寿命」が高い要因として、「生活習慣」との関連が指摘されています。

「生活習慣」とは、喫煙や飲酒の習慣、運動やスポーツの実施、自己啓発学習や 社会活動への参加などが 挙げられますが、本県の男性の喫煙率は全国で最下位、飲酒率は 男性は少ない方から4位、女性は13位、スポーツの実施率は男性は4位、女性は6位、そして、様々なボランティアへの参加率は、男性は2位、女性は4位でした。

つまり、滋賀県人は喫煙・飲酒率が低く、運動やスポーツをする人が多い、そして何より、各種ボランティア等への参加率が高いこと等が、全国上位を占めていることが、「平均寿命」や 
「健康寿命」の数字に反映されているとしています。

そして、これら「生活習慣」は、県民の「生活環境」との関連が極めて高いことがも併せて指摘されています。

「生活環境」とは、県民所得や所得格差、失業率や労働時間、高齢単身者率など、いわゆる日常の暮らしを営む社会条件のことですが、これらの社会条件が飲酒・喫煙などの「生活習慣」に大きな影響を及ぼしているとしています。

因みに本県の県民所得は全国4位、失業率は、低い方から2位、労働時間は短い方から9位、そして、高齢単身者率は全国で最も低く第1位でした。

つまり、本県の「健康長寿」の要因は、健全な「生活習慣」を送っている人が多く、それらを支える「生活環境」が整えられていることが大きいとの分析でした。

この様な「健康長寿県・滋賀」が、引き続き活力ある社会を維持して行くためには、高齢者の皆さんが長年培われてこられた経験と能力を活かして、様々な社会活動に参加できる環境づくりが喫緊の 課題となります。

何歳まで 働くかは、個人の選択の問題ではありますが、就業意識の高い方々に対して、そのご要望に適した就業機会を用意することは、超・高齢社会に課せられた責務でもございます。

また、この事は、単に高齢者に個人的な生き甲斐を提供するというだけではなく、我が国が直面する社会保障の負担軽減に資することでもあります。

野洲市 シルバー 人材センターにおかれましては、高齢社会の就業ニーズに対応する機関として、今後も様々な分野で地域社会の皆様との関係を大切にしながら、ご発展され、「健康・しが」の 一翼を担って頂きます様心から期待しております。

また、会員の皆様には、「自主・自立・共働・共助」のシルバー人材センターの理念に基づき、皆様ご自身の生き甲斐の充実を図られながら、長寿社会の活性化のために、お力添えを賜ります様、お願いを申し上げる次第です。

結びに、野洲市シルバー人材センターの今後益々のご発展と会員の皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げ、本日のお祝いの一言とさせて頂きます。

本日は、誠におめでとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。 ~ ~ ~

シルバー人材センターの運営に直球勝負。

新幹線近江富士駅

2018-05-29

※※※5月29日(火)※※※

2027年に東京・品川駅から名古屋駅間で、リニア中央新幹線が走ると品川~名古屋間をノンストップでわずか40分で結びます。

JR東海は、リニア開業後、東海道新幹線は「ひかり」と「こだま」を増やし、「のぞみ」の乗客には「リニア」への移行を促す方針だそうです。

しかし、そんなに急ぐ方がどれだけおられるか疑問です。 そこで、素朴な疑問を少々。

①確かに速い乗り物ですが、今の日本に本当に必要なものでしょうか? 

②果たして、採算が取れて事業として成り立つのでしょうか?

③ほとんどがトンネルで、唯、人を早く運ぶという乗り物が、国民に受け入れられるのでしょうか? 

④地下にトンネルを掘ることで、地上への影響はないのでしょうか?

⑤原子力発電を廃止して節電が求められる時代に、膨大な電気量が必要だと言われていますが、大丈夫でしょうか?

JR東海の計画では、リニア開業で需要は1.5倍に増え、リニアと並行する東海道新幹線と分け合うことになるとされていますが、そうでしょうか?

top 日本の人口が減少し、企業戦士も減って行く中で、また、企業が海外に進出する中で、そんなに急いで東京や名古屋に行く人はいません。

また、外国では過大な需要が見込めないこと、莫大なコスト面から、興味を示す国は無いとの報道もあります。 

日本だけが、こんな狭い国に超高速鉄道を作ろうとしています。

これは、JR東海という民間会社がすることだと国会も認めているようですが、交通網は公益事業です。 

失敗したら、また、東京電力のように多額の税金がつぎ込まれることになります。

この様な観点から、現在のところ、私はリニア新幹線計画に反対ですが、リニアが実現するならば滋賀県にに新幹線新駅が必要です。 

そして、その新駅は京都~米原の中間地点、「ひかり」で京都から17分、米原まで15分の地点であり、新幹線線路と琵琶湖線線路の最も近い場所である野洲市と言うことになります。 

新幹線新駅「近江富士駅」の実現を。

リニア新幹線に直球勝負。

滋賀県長寿の秘密

2018-05-28

※※※5月28日(月)※※※

昨年公表された「平成27年都道府県別生命表」で、滋賀県の男性の平均寿命は81.78歳で日本一、女性も87.57歳で第4位にランクされました。

また、平成25年度に厚生労働省が公表した「健康日本21」の推進に関する報告書では、健康寿命男性79.47歳で第2位、女性84.03歳で第3位でした。

本県の「平均寿命」や「健康寿命」が全国最上位にランクされる理由ですが、この2つの寿命は「生活習慣」との関連が極めて深いことが指摘されています。 

生活習慣」とは、喫煙や飲酒の習慣、スポーツの実施や自己啓発の習慣、そして、社会活動への参加習慣などが挙げられます。

本県の男性の喫煙率は全国最下位、飲酒率は男性は少ない方から第4位、女性は13位、スポーツの実施率は男性は第4位、女性は第6位、そして、様々なボランティアへの参加率は、男性は第2位、女性は第4位でした。

喫煙・飲酒率が低く、スポーツをする率が高い、そして、各種ボランティアへの参加率が高いなど、心身の健康のための重要な項目においてバランス良く全国上位を占めていると言えます。

さて、この「生活習慣」は、失業率や労働時間、県民所得や所得格差、高齢単身者率や図書館利用率などの「生活環境」との関連が極めて高いとされています。

本県の失業率は低い方から全国第2位、労働時間は短い方から第9位、県民所得は高い方から第4位、図書館利用率は14位、そして、高齢単身者率は少ない方から第1位でした。

これら「生活環境」の良好さが「生活習慣」の確立に寄与していることが分かります。 運動やボランティアの取り組みを通して、生き甲斐と楽しさを感じることが重要との分析です。

つまり、本県県民の「健康長寿」秘密は、健全な「生活習慣」を持っている人が多く、それらを支える「生活環境」が整えられているということになります

滋賀県民の健康に直球勝負。

 

兵主マルシェ

2018-05-27

※※※5月27日(日)※※※

野洲市の兵主大社で開催されている「兵主マルシェ」に寄らせて頂きました。 

「兵主マルシェ」 は、野洲市の意欲溢れる若者達が企画し、運営するマルシェですが、お客様もまた大半が若い方々です。

私の一押しは、手作りの「ブドウ甘酒」です。 これはヒット間違いなしの美味しいさで、 私の第六勘がメジャー商品になる可能性を感じ取りました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、空、木、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん、内田美奈子さん、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、藤岡 いづみさん、冨波 義明さん、川口 ひとみさんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、矢倉 由美子さん、冨波 義明さん、朝田 加奈子さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)、靴、ストライプ、屋外
 
自動代替テキストはありません。
 
野洲市の元気に直球勝負。

 

みどりの愛護運動

2018-05-26

※※※5月26日(土)※※※

皇太子・皇太子妃の両殿下の御臨席を賜わり、第29回「みどりの愛護」の集いが長浜バイオ大学で開催され、来賓出席しています。

恐れ多くも皇太子殿下と同じ琵琶湖ブルーのネクタイとなりました^o^また、式典の後は琵琶湖湖岸(長浜)緑地において、両殿下による記念植樹が行われました。

お天気にも恵まれ、素晴らしい集いとなりました。

画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん、立ってる、花
 
画像に含まれている可能性があるもの:4人、冨波 義明さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)
 
画像に含まれている可能性があるもの:9人、太田 正人さんを含む、、スマイル、オンステージ(複数の人)、立ってる(複数の人)、室内
 
画像に含まれている可能性があるもの:木、空、草、屋外、自然
 
画像に含まれている可能性があるもの:立ってる(複数の人)、空、海、木、屋外、自然、水
 
みどりの愛護運動に直球勝負。

皇太子と皇太子妃

2018-05-25

※※※5月25日(金)※※※

素晴らしい晴天に恵まれた今日は、明日、長浜市で開催される第29回全国「みどりの愛護」の集い御臨席のため滋賀県に行啓された皇太子、皇太子妃を長浜市の「ホテルリゾーツ長浜」でお迎えさせて頂きました。

お二人とも、奉送迎者一人ひとりに目を合わされ、ご丁寧なご返礼を賜わり、胸がドキドキすると共に感激しました。 

改めて、如何に相手の目を見て挨拶することが大切か思い知らされました。

(皇太子様がノーネクタイでお起こしになられるので、奉送迎者もノーネクタイとの申し合わせがありました。)

画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん、スマイル
 
画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん、立ってる、スーツ、室内
 
自動代替テキストはありません。
 
画像に含まれている可能性があるもの:空、木、高層ビル、雲、植物、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:海、空、屋外、自然、水
 
皇太子ご夫妻奉送迎に直球勝負。

健やかに育て

2018-05-24

※※※5月24日(木)※※※

去る12日(土)、爽やかな気候の中、野洲市の御上神社にて長女の第一子のお宮参りを厳かに執り行わさせて頂きました。

宮司様の祝詞奏上中にぐずらず、太鼓の音にも驚かず、最後まで眠り続けた豪傑ぶりに驚くやら、感心するやら。 唯々、健やかに育てと祈るのみ。 心から感謝です。

 

画像に含まれている可能性があるもの:2人、冨波 義明さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、寝てる(複数の人)、赤ちゃん、クローズアップ
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、赤ちゃん、クローズアップ
 
孫の健やかな成長に直球勝負。

アベフト症候群②

2018-05-23

※※※5月23日(水)※※※

5月6日に起きたアメリカンフットボールの悪質タックル問題は、スポーツ庁が日大からの聴き取りに着手し、遂に国が乗り出す事態となりました。

23日に行われた日本大学の内田正人前監督、井上奨コーチの記者会見は誰が聞いても説得力に乏しく、日大アメフト部の自浄能力が無いことが露見した感があります。

この日の会見冒頭で内田前監督が3回、井上コーチが3回、それぞれ深々と頭を下げ、選手への「指示」を認めて収束に向かうのかと思われていましたが、見事に裏切られてしまいました。

監督として結果責任は認めましたが、これまでの見解通り、あくまで宮川泰介選手が意味を取り違えて犯した反則、つまり、あくまで「認識の違い」であると釈明しました。

しかも内田前監督は宮川選手の起用やその条件のラフプレーについて、試合前に井上コーチや宮川選手本人と話した記憶がなく、全てコーチ陣と宮川選手の間の会話だと言い出す始末です。

具体的な責任や批判は、最悪でも井上コーチの責任で止め様とする意図が透けて見えました。

これって、正に「もりかけ問題」の総理と財務省の関係と全く同じではないでしょうか。

権力者を守るために下の者が嘘に嘘を重ねてしまう。 事の発端となった権力者は責任を下の者に押しつける。 正にアベフト症候群(シンドローム)です。 

「アメフト問題」と「もりかけ問題」が違うのは、「如何にやらされたとはいうものの、やったのは私であり、私に責任がある」と毅然と発現した日大の選手がいたことです。

しかし、政府はこの「アメフト問題」の真相を究明するためにプロジェクトチームを組織するとの方針だそうですが、「もりかけ問題」の真相を究明するプロジェクトチームを作る方が先でしょう。

アベフト症候群も極まれり。 

程度の低い政治・政治家に直球勝負。

 

 

 

 

アベフト症候群①

2018-05-22

※※※5月22日(月)※※※

「もう僕にはアメフトを続ける権利がありません。 するつもりもありません。」 これは、アメフトの「危険行為」をした渦中の日本大学アメフト部の選手の言葉です。

(これはアメフト競技中のプレーではないと感じていますので、以下危険行為と表現します。)

テレビに顔と名前を出し、自分の言葉で正直に話す姿を見ていると、意図的に危険行為を行ったやばい選手と言うより誠実で正直な好青年の印象が見て取れました。

それだけに、未だ学生である20歳そこそこの青年をこの様な場に出すような状況を作った日大アメフト部の監督や指導者、そして、日本大学の責任は極めて大きいと感じました。

指導者の支持だとは言え、当該選手が行った危険行為は許されるものではありません。 しかし、彼がこの様な行為を行わざるを得ない状況に追い込んでいった背景は解明されるべきです。

彼はあの行為を行う何日か前から監督や指導者からこの行為の実行を求められていましたし、直前にもコーチから念を押されていました。 さらには、行為後には監督からねぎらわれてもいました。

これら一連の事実関係をみても、この行為は本人の自主的なものではなく、強要されたものであると考えられます。 

この行為の後、退場処分を受けた彼は、テント内で号泣していた様子も朝日新聞の記者により公開されており、彼の忸怩たる思いが伝わってきます。

一方、監督を始めとした指導陣や大学当局はあくまで「指導陣の支持と選手の理解の乖離」、つまり、「監督の指示を選手が勘違いしていた」とのコメントに終始しています。

これは「余りにもひどい責任転嫁」でしょう。 「あの様な行為を指示していない」、「選手が勘違いしている」と言うのならば、1プレー目で選手を交替させるべきでしょう。

退場になるまで知らん振りしておいて、周囲からしてきされた途端、それは選手の思い違いによる行為だというのは、指揮官としての資質どころか、人として最低です。

日大アメフト部指導陣や大学当局の対応を見ていると、民主主義をないがしろにしている安倍総理の「もりかけ問題」への対応と重なって見えるのは私だけでしょうか?

まさに、「アベフト症候群」というべき状況が日本中に蔓延しています。

アベフト症候群に直球勝負。

 

スポーツ立県滋賀

2018-05-21

※※※5月21日(月)※※※

第79回国民体育大会、第24回全国障害者スポーツ大会に係る滋賀県開催準備委員会の第6回総会に出席しました。

いよいよ、「2巡目滋賀国体・全障スポ大会」が、後4年に迫ってきました。

この2つの大会が、単なるスポーツのイベントの開催ではなく、滋賀県、滋賀県民の健康、経済・産業、教育・福祉等々に寄与し、大会レガシーが永く受け継がれる大会となるために頑張ります。

画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん、スマイル、立ってる
 
自動代替テキストはありません。
 
自動代替テキストはありません。
 
スポーツ立県滋賀に直球勝負。
« Older Entries
Copyright(c) 2011 toba-yoshiaki.net All Rights Reserved.