6月, 2018年

この子等の未来に

2018-06-30

※※※6月30日(土)※※※

今日は、長女の第一子と共に風鈴の音を楽しみました。 私にとっては、正に癒やしと涼を感じる至福の時を過ごさせて頂きました。 感謝、感謝です。

この子等の未来の為に、今、私が私の立場でしておかなければならないこと、この子等の将来に禍根を残さないためにやっておかなければならないこと、全力で取り組みます。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、冨波 義明さんを含む、立ってる(複数の人)
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、赤ちゃん
 
この子らの将来に直球勝負。

フェアプレーとは

2018-06-29

※※※6月29日(金)※※※

サッカーW杯ロシア大会、予選リーグ第3戦、日本対ポーランド戦。 日本は0-1で敗けるも、決勝トーナメント進出を決めました。

日本はセネガルとグループHの全試合を終えて勝ち点、得失点差で並んでいたことから、このまま日本も0-1で負けた場合、セネガルも0-1で負けることを前提とした采配を見せました。

試合は残り時間10分の時点でポーランドが1-0でリード、同時刻に行われたグループHのもう1試合で、コロンビアが1-0でセネガルを先行していたため、このまま試合終了を迎えればフェアプレーポイントで勝ることを狙う戦略です。

0-1で負けている日本代表が時間を稼ぐように、ゆっくりとボールを回作戦でしたが、観客からの大ブーイングの中、タイムアップを迎えました。

私も食い入るようにこのし合い状況を観ていましたが、何ともリアクションの取れない、欲求旧不満の募る、やるせない気持ちになりました。

西野監督は、「私にとっても、信条である攻撃的なスタイルを捨てなければならないという選択は不本意。 今回の状況によって、他力に頼るという選択肢を余儀なくされた」とコメントしまし

ベンチで試合を終えた本田選手は、「結果が大事で、僕らは予選通過が目的だった。 非常にポジティブな結果だったと思う」と、決勝トーナメント進出という結果を勝ち取ったことを評価しました。

他力本願の賭けとも言えるこの作戦は、リスクが大きく、セネガルが最後に追いついていれば日本は敗退が決まるという紙一重の展開でした。

本田選手は、「監督は、リスクを取りに行った。 個人的には、結果的に素晴らしい采配だったと思う」とも指摘しました。

しかし、私はこの試合を観て大変残念に思いました。 「結果が全て」という結果とは、何の結果でしょうか。

W杯の予選を勝ち抜くことが、彼の言う結果なのでしょうか? 私はそうは思いません。 「結果」とは、仮に試合に負けても残る「戦い方」、「精神」だと思います。

甲子園の高校野球の試合で、勝つために相手の4番打者を5打席全て敬遠したケースがありました。 そのチームは、確かにその試合に勝利し、結果を残しました。

でも、プレーしていた選手達の心にあるプレーヤーとしての誇りはどうだったのでしょうか。 偉大な打者と言えども同じ高校性です。 打たれても悔いはなかったのではないでしょうか。

勝負は勝つことを目標にして戦いますが、勝負にかける己の人生そのものを生きる目的としています。

ポーランド相手に戦った選手は、これで良いと思い込もうとするでしょうが、西野ジャパンは大きな誇りを失いました。 日本人の精神、フェアプレーの精神が揺らいでいます。

フェアプレーの精神に直球勝負。

 

野洲市蹴球協会長

2018-06-28

※※※6月28日(木)※※※

サッカーW杯予選リーグ第3戦。 今夜は野洲市サッカー協会会長と言う立場で、野洲高校サッカー部総監督の山本先生と一緒に日本チームと乾選手を応援します。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、冨波 義明さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト

画像に含まれている可能性があるもの:画面

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、画面

試合終了。 0対1で敗退しましたが、決勝トーナメント進出が決定しました。 しかし、会場は微妙な空気充満、微妙な気持ち満載です。

画像に含まれている可能性があるもの:17人、冨波 義明さんを含む、、スマイル、室内
 
サッカーW杯応援に直球勝負。

新聞を読まない人

2018-06-27

※※※6月27日(水)※※※

麻生太郎副総裁兼財務大臣の程度の低すぎる放言癖には、日本国民として許しがたい怒りを覚えます。

昨日は、政権与党幹部のゆるみ、たるみ、はたまた、慢心からくる放言の一つとして、「30歳前半までの有権者は、一番新聞を読まない世代。 全部新聞を読まない人は、全部自民党なんだ」という放言について書きましたが、今日はその放言内容の問題点について挙げます。

麻生氏のこの発言は、新潟県新初田市で行われた講演会で放たれた内容ですが、この内容は次の様な観点から問題があります。

①新聞の報道内容は偏向しており、これにより読者の考え方も偏向すると、新聞の存在自体を否定していることです。 

新聞社によって、記事の取り上げ方は違いますが、新聞記事を読むことにより、社会の多様性を理解し、共感したり、批判したりする中で、自らの価値観を育んでゆくことが重要です。 

このことには触れずに、「新聞を読まない世代は正しい人、その正しい人は自民党支持とする」思考回路は、程度の低すぎる、悪すぎるものです

②若い世代が新聞を読まずに自民党支持になっているという発言は、若い世代を冒涜するもので、大きな問題があります。

今、起きている社会現象を、様々な角度から比較検討することができない世代を正しいとする思想は、極めて悪意満ちたものです。

意見の異なる人々を尊重し、謙虚に自己を見つめ決断することができない世代を礼賛するとする」思考回路は、程度の低すぎる、悪すぎるものです

世の中には様々な人々がおり、様々な考え方や意見があります。 新聞報道にも様々な切り口があります。 

様々な意見を聞き取り、偏らない謙虚な姿勢を育成することが、重要だということをくれぐれもお忘れなく。 また、若者を馬鹿者扱いすることなかれ。

麻生発言に直球勝負。

 

政治家の言葉の軽さ

2018-06-26

※※※6月26日(火)※※※

「政治は言葉」だと言われます。 自らの理念を万民の心にどの様に響かせるのか、これが政治家の力量だとも言われます。

しかし、森友・加計学園問題以降の政府与党の幹部の発言はひどいものがあります。 特に、今国会の延長を決めた直後から、J党幹部から極めて緊張感を欠く発言が相次いでいます。

先ずは、麻生副総理は「延長国会」を「ロスタイム」と言い放ち、このロスタイムに失言しないようにと述べ、笑いを取ろうとしました。

また、30歳前半までの有権者について、「一番新聞を読まない世代。 全部新聞を読まない人は、全部自民党なんだ」とも放言しました。

この方は、ご自分のこのセンスのなさが問題発言を産んでいることを、いつになったら気付くのでしょうか。

さらには、今日、二階幹事長は東京都内で行われた政治評論家との対談で、人口減少問題に関し「この頃、子どもを産まない方が幸せに(生活が)送れるのではないかと勝手なことを考えている人がいる」と述べました。

正に暴言です。 ご自分の所属する党の総裁にもお子さんがおられません。 彼は勝手な発想で子どもをつくっていないのでしょうか? そうではないですよね。

そんなことにすら頭が回らない老政治家の妄言としか言いようのない発言です。 もう政治の場から退場されることを臨みます。

政治家の発言に直球勝負。

 

価値ある勝ち点1

2018-06-25

※※※6月25日(月)※※※

W杯2戦目、セネガル戦。  乾選手、値千金の1点目、本田選手、値二千金の2点目‼  2対2のドロー。  よくやった! 感動した! 価値ある勝ち点1

画像に含まれている可能性があるもの:1人
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、クローズアップ
 
画像に含まれている可能性があるもの:3人
 
自動代替テキストはありません。
 
価値ある勝ち点1に直球勝負。

三日月大造氏再選

2018-06-24

※※※6月24日(日)※※※

たった今、20時丁度、投票締め切りと同時に当確が出ました。 滋賀県知事選挙、三日月大造候補が再選を果たしました。

健康滋賀」を皆さんと共に造ってゆきましょう。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト
 
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、大岡 敏孝さん、三日月 小巻さんなど
 
画像に含まれている可能性があるもの:2人、三日月 小巻さんを含む
 
画像に含まれている可能性があるもの:2人、大岡 敏孝さんを含む、立ってる(複数の人)
 
三日月氏再選に直球勝負。

さざなみ杯野球大会

2018-06-23

※※※6月23日(土)※※※

滋賀県還暦野球連盟「さざなみ杯大会」、私が所属する野洲フェローズは準優勝に終わりました。

ちょっとカッコ付けて写真に収まっていますが、決勝戦は大差で惨敗。 私も1打数0安打で良い所なしでした。

最年少が63歳の私という我がチーム事情。 まぁ、熱中症にもならず頑張ったとう所です。 ナインの皆さんお疲れ様でした。 今日はこのくらいにしといたろ^o^

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる、空、屋外、自然
 
画像に含まれている可能性があるもの:14人、細江 正人さんを含む、、スマイル、野球、屋外、自然
 
画像に含まれている可能性があるもの:11人、、Manabu Inoueさん、冨波 義明さんなど、、スマイル、野球、屋外
 
長寿野球に直球勝負。

麗しの三上山

2018-06-22

※※※6月22日(金)※※※

愛しの近江富士シリーズ ・・・ 夏雲と近江富士、夕暮れ月と近江富士。

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、山、屋外、自然
 
画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、山、屋外、自然
 
麗しの三上山に直球勝負。

野洲市の田園風景

2018-06-21

※※※6月21日(木)※※※

近江富士シリーズ・・・梅雨の晴れ間に撮った我が家庭菜園からのあじさいと近江富士(三上山:標高247m)です。

野洲市内の農家の方々は、田んぼのあぜ道にこの様に花を植えられる方が多いようですが、見事に花を咲かせてくれました。

私の幼い頃は、大豆が植えられていたことを思い出しました。

画像に含まれている可能性があるもの:空、山、雲、屋外、自然
 
画像に含まれている可能性があるもの:花、植物、空、山、雲、屋外、自然
 
画像に含まれている可能性があるもの:花、植物、自然、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、屋外、自然
 
画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、空、木、屋外、自然
 
野洲市の田園風景に直球勝負。
« Older Entries
Copyright(c) 2011 toba-yoshiaki.net All Rights Reserved.