笑顔で挨拶朝活動

2018-05-01
※※※5月1日(火)※※※
 
駅立ちの 頬に優しき 皐月晴れ」  5月1日、爽やかな朝を迎えました。
 
今朝は、恒例となっている月初めの早朝の駅立ち活動を行いましたが、寒くもなし、暑くもなく、爽やかな気候でした。 月に1度(駅の南口と北口で2度)、早朝5時半から行っている、野洲駅での駅立ち活動も8年目を迎えました。
 
短気者で、飽きっぽい私が、月に一度とは言え、私自身もいつまで続くのかと思っていましたが、2期7年間続けることができ、8年目にに入りました。
 
何故、続けることができたのかを考えると、①顔と名前を売り込む欲が勝っていた、②人間観察が性に合っていた、③朝型人間で朝が苦にならなかった、等が挙げられます。 これまでの駅立ちで分かったことは、①挨拶をした方の内、約7割の方から挨拶が返ってくる。 
 
この内、約5割の方が、声を出して挨拶してくれる。 ②高校生(小・中学校生を含む)は、約8割が挨拶を返してくれる。 20~30歳代の女性は、約3割程度しか挨拶が返ってこない。 ③挨拶を返す方の内、声を出して応える3割、頭だけ下げて応える6割、反応だけある1割、挨拶を返さない方の内、気が付かないふりをする8割、無視する1割です。
 
そして、意外なことに気付きました。 高校生や小・中学校生に挨拶を交わした時、自然に笑顔になることです。
 
笑顔を作ることは難しいのですが、大人に交じって子供たちがいることにより、私の笑顔が続くことになります。 ありがたいことです。
 
この様なことを考えながら、皆さんをウォッチングしていますと、時間の経つのを忘れてしまいます。 あと一年、笑顔を絶やさず、頑張ります。
 
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外 
 
画像に含まれている可能性があるもの:空、木、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん、室内
 

早朝挨拶活動に直球勝負。
 
Copyright(c) 2011 toba-yoshiaki.net All Rights Reserved.