議員活動


   15/09/08    しつけとは?
   11/05/27    モニタリング活動
   11/05/08    福島県行政視察報告2
   11/05/07    福島県行政視察報告
   11/05/02    議員章の重み

しつけとは?
15/09/08

※※※9月8日(火)滋賀学園中学校・高等学校:教育調査※※※

今日は、滋賀学園中学校・高等学校にお邪魔しましたが、校長先生と教育談義に花が咲きました。

そこで、田村 一二氏の「しつけとは、どういうことですか?」を思い出しましたので紹介します。

~  ~  ~  ~  ~

息子がまだ小さいとき、何度叱っても、どうしても履物をきちんとそろえられなかった。

そこで、私が尊敬する糸賀一雄先生に「しつけとはどういうことですか?と尋ねると、先生は、「自覚者が、し続けることだ。」とおっしゃる。

自覚者とは?と聞くと、 「それは君じゃないか。 君がやる必要があると認めているんだろう? それなら君がし続けることだ。」

では、子どもは?と聞くと、「放っておけばいい。」との返答。 そこで、家内も自覚者の一人に引っ張り込み、実行してみた。

...続きを読む

モニタリング活動
11/05/27

 会派「対話の会・しがねっと」のメンバーで、高島市役所を訪問し、近くに福井原発を抱える高島市の防災対策(特に原子力災害対策)について関係者から話を伺いました。

 高島市は最寄りの原子力発電所から市域までの距離が最も近いところでも20Kmであることから、国の災害対策法・原子力災害対策措置法の基準に拠ると人的影響が少ないとされています。このことから、今回の東北大震災による福島原発の放射能被害が起こるまで、想定を上回る事態に対する特別な対応はなされていません。

 しかし、今後は特に、広域輸送計画を含む避難計画や備蓄薬品(安定よう素材)への対策を早急に講じるとの回答を得ました。また、県に対しては、大気中の放射線量を定点で観測できるモニタリングポストの常設及び観測データの市民への開示の必要性を強く要望されています。

...続きを読む

福島県行政視察報告2
11/05/08

報告②

【日程】

5月6日(金)

2時30分頃、震度5クラスの地震発生。宿舎内のベッドから跳ね起きる。5時起床、宿舎付近を散策。宿舎周りの路上、建物の際に多くの亀裂を発見。一見、整然とした建物や町並みも、内部的には相当なダメージを受けているのかもしれない。

7時朝食、9時まで昨夜K福島県議から頂いた、福島県のエネルギー・原子力政策関係の資料に目を通す。「安全神話」に基づくわが国の原子力政策の在り方から、原子力を知り尽くしていない技術力を前提に、「脱原発」政策を模索しなければならないと感じる。

9時30分、宿舎発、あずま総合運動公園へ。 9時45分、あずま運動公園着。

【視察内容】

 1.同公園理事長と面談

    広域防災拠点機能を持つ施設の重要性と職員の危機管理能力・対応力を育成する必要性を実感した。

 2.体育館内の被災者生活区域視察

...続きを読む

福島県行政視察報告
11/05/07

5月5日(木)~6日(金)の2日間、来る、10日からの臨時県議会に備えるために、対話の会・しがねっとの議員5名と会派職員の合計6名で、福島県南相馬市並びに吾妻市に行政視察に参りました。相当な強行日程でしたが、全員が意欲的・精力的に様々な観点から視察を行い、勉強して参りました。

今回の行政視察の内容を、簡単ではございますが、2回に分けて報告させていただきます。

報告①

【日程】

 5月5日(木)

 京都駅 : 8時16分発  東海道新幹線のぞみ   東京駅着10時33分

 東京駅 : 11時08分発 東北新幹線やまびこ  福島駅着12時58分

 福島駅 : 13時30分発 福島駅前の宿舎に荷物を預けてから、レンタカーで南相馬市へ。南相馬市役所着14時45分

 15時から、桜井勝延南相馬市長と面談。(お忙しいので当初は15分間と限定されていたが、1時間もお時間をとって頂けた。) 

...続きを読む

議員章の重み
11/05/02

本日、正式に滋賀県庁に初登庁し、議員章(バッジ)を交付されました。

その後、全議員による初めての全員協議会が開催され、冒頭、嘉田知事が、「知事と県民の思いを託された我々議員との意見交換や対話の重要性」を強調されたことがとても印象に残りました。

左胸に着けたこの議員章の重みを自覚し、議員としての重責を果たしてゆく決意を新たにしました。

 

「県政に直球勝負」の幕が開きました。

Copyright(c) 2011 toba-yoshiaki.net All Rights Reserved.