戦没者追悼慰霊祭

2018-10-29

※※※10月29日(日)※※※

野洲市中主地区出身者の戦没者追悼慰霊祭が兵主大社で催行されましたので、私も参列させて頂き、先の対戦で尊い命を捧げられた490余名の戦没者に哀悼の誠を捧げました。

兵主大社は、奈良時代(717年)に創建されたとされ、今年で丁度建立1300年にあたります。
 
境内の鳥居と桜門は、なんと足利尊氏が寄進したとされており、尊氏ゆかりの社宝が数多く残されていることから「兵主」の名があるそうです。

私の母は中主町八夫(やぶ)という在所の出身で、母の父も戦死者の一人ですが、今更ながらお国のためと赤紙一枚で招集され、自分の人生、家族の人生を犠牲にされた無念を感じざるをえません。

平和を謳歌する時代に生きる私でさえ感じる無情感です。

画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん、スマイル、立ってる
 
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外
 

戦没者慰霊に直球勝負。
 
Copyright(c) 2011 toba-yoshiaki.net All Rights Reserved.