健康で元気な滋賀

2018-05-19

※※※5月19日(土)※※※

戦国時代の武将で逆境に生きた人物の代名詞と言えば、「山中鹿之介幸盛(やまなかしかのすけゆきもり)」(1545年〜1578年)です。

幸盛は出雲国(現在の島根県)で、滅亡寸前の尼子氏を主君とする「家老」の家系に生まれた次男坊ですが、この幸盛の有名な言葉に、「願わくば 我に七難八苦を与えたまえ」があります。

今日は、三日月太造滋賀県知事を支援する「健康で元気な滋賀をつくる会」の事務所開きに出席させて頂きました。

幸盛の心境を三日月知事のキャッチコピー「満月目指してコツコツと」になぞらえて一句。 

七難八苦与えよと 三日月に祈る幸盛は 今も我の鏡なり」 いよいよです。 共に頑張りましょう^o^

画像に含まれている可能性があるもの:大岡 敏孝さん、冨波 義明さん、、スマイル、スーツ
 
画像に含まれている可能性があるもの:2人、Yuki Kimuraさんを含む
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内
 
画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん
 
画像に含まれている可能性があるもの:室内
 
健康で元気な滋賀つくりに直球勝負。
Copyright(c) 2011 toba-yoshiaki.net All Rights Reserved.