怒らない国・日本

※※※2月21日(木)一般質問答弁協議※※※

各国の政治家が集まって、「どうしたら日本を怒らせることが出来るか」について話し合ったそうです。 世界の日本人ジョーク集に収められたこの一文の中に、第二次世界大戦後から、つい最近までの日本外交の歴史が描かれているのが凄いと思いました。 これは笑い話ではなく、悲しき事実です。

中国の政治家が言いました。 「我が国は、日本の領海・領空を侵犯し、自衛艦にレーザーを照射しても日本は攻撃してこない。」

尖閣諸島

韓国の政治家が言いました。 「我が国は竹島を不法に占領し続けているが、それでも日本は攻撃してこない。」

竹島

ロシアの政治家が言いました。「我が国も永きに渡り北方の島々を占拠しているが、全く攻撃してこない。」

北方四島 

この話を聞いていた北朝鮮の政治家が不敵な笑みを浮かべて言いました。 「日本を怒らす事なんて簡単な事。 我々が日本に対して核兵器を使えば、さすがの日本も怒るだろう。」

北のミサイル 

すると、米国の政治家が首を横に振りながら言いました。 「無駄だね。 その手は、もう使ったことがあるが、日本は怒らなかったんだ。」

広島原爆 

日本外交に直球勝負。