12月, 2018年

野洲プライドを掲げ

2018-12-31

※※※12月31日(月)※※※

いよいよ、今日は大晦日。 皆様、本当にありがとうございました。

さて、2期目の任期4年も残すところ、あと3ヶ月。 

4月には統一地方選挙が実施されますので、明日からは臨戦態勢に突入です。

そこで、後援会入会案内用のリーフレットを作成しました。 

新年早々から、「野洲プライド」を高く掲げて頑張ります。

画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん、スマイル、テキスト

画像に含まれている可能性があるもの:2人、冨波 義明さんを含む
 
画像に含まれている可能性があるもの:8人、、高崎 葉子さん、大岡 敏孝さん、冨波 義明さんなど、、スマイル
 
自動代替テキストはありません。
 
自動代替テキストはありません。
後援会活動に直球勝負。
 
 

 

「県政しが」新年号

画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん、立ってる、スーツ
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

 

頑張れ、データ野球

2018-12-30

※※※12月30日(日)※※※

年末恒例の滋賀県立膳所高校野球部若手OB会膳球会」にお招き頂きました。

今日は120名を超える参加があり、多いに盛り上狩りましたが、今年て第4回を数えるこの会の熱意が、今春のセンバツ出場に繋がりました。

しかし、参加者の中でダントツの高齢者と言う立場は微妙な違和感を覚えました。 まっ、しょうがないか。

画像に含まれている可能性があるもの:1人
 
画像に含まれている可能性があるもの:11人、、黒木 千幸さん、品川 まさとさん、冨波 義明さん、岩佐 弘明さん、三宅秀明さん、玉井 淳さんなど、、スマイル
 
画像に含まれている可能性があるもの:23人、、岩佐 弘明さん、瀬口幸宏さん、黒木 千幸さん、秋永 安次さん、冨波 義明さん、望月 敬之さん、三宅秀明さん、玉井 淳さん、田中雅治さん、中野 光一さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)
 
画像に含まれている可能性があるもの:4人、山田 量一さんを含む、立ってる(複数の人)、室内
 
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
 
母校野球部の活躍に直球勝負。

県政報告第29号

2018-12-29

※※※12月29日(土)※※※

とば義明県政報告第29号(新春号)を発刊いたしました。 

明年1月7日(月)に新聞折り込みさせて頂きますので、ご笑覧下さい。

また、同日早朝5時半からの恒例の野洲駅での挨拶活動の際にも手渡し配布させて頂きます。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、大岡 敏孝さん、冨波 義明さんなど、、スマイル

「野洲プライド」を高く掲げて                                        
                                                                     
新年明けましておめでとうございます。 さて、全国47都道府県を、北は北海道から22都県、南は沖縄県から22府県をたどると残るは3県、北に福井県、南に三重県、その真ん中が滋賀県です。

滋賀県を北から琵琶湖岸沿い時計回りに南下すると長浜市から5市目、反時計回りすると高島市から5市目が野洲市です。 
正に野洲市は日本の中心地だと、私は考えています。

野洲市は三上山を始めとする山と里山、近江米の育つ田園、そして、琵琶湖の湖岸地帯と多彩な自然環境に恵まれています。    
    
また、日本最大の銅鐸が出土した「銅鐸のまち」としても知られ、数多くの古墳群や神社仏閣、平家終焉の地・平宗盛胴塚、俵藤太や祇王・祇女の伝説、そして、北村季吟や土川平兵衛など、豊富な歴史や文化遺産を有しています。

さらには、国道8号線やJR東海道本線など交通アクセスにも恵まれ、また、野洲駅は始発・終点の電車が多い基地駅として利便性にも優れ、京阪神への通勤圏内でもあります。

旧野洲町の父の元へ嫁いだ旧中主町八夫出身の母との間に生まれ育った私は、これら野洲の自然や風土、何より素朴で温和、勤勉な市民気質を心から愛し、野洲市民であることに大きな誇りを感じています。

私はこの感情を「野洲プライド」と名付け、今後はこれを高く掲げながら、野洲市選出の県議会議員として尚一層精進して参ります。本年も皆様方の温かいご支持・ご声援を宜しくお願い申し上げます。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、冨波 義明さんを含む
 
自動代替テキストはありません。
 
画像に含まれている可能性があるもの:3人、、上村 明弘さん、冨波 義明さんなど、、スマイル
 
県政報告発刊に直球勝負。

2018回顧④

2018-12-28

※※※12月28日(金)※※※

10月(世界)トルコサウジ領事館でサウジ人記者殺害 (日本)自治体の障害者雇用数の水増し

   (文化)本庶佑京都大学名誉教授にノーベル医学賞 (冨波)とば義明後援会主催「直球会ゴルフコンペ」の開催

11月(世界)韓国が慰安婦財団の解散決定 (日本)カルロス・ゴーン日産会長を報酬過少申告で逮捕 

   (スポーツ)大谷翔平がメジャーリーグ新人王獲得 (冨波)野洲市立野洲中学校卒業50周年記念同窓会の開催

12月(世界)日本が国際捕鯨委員会から脱退 (日本)ソフトバンク携帯電話で通信障害 

   (スポーツ)紀平梨花GPファイナルに初出場優勝 (冨波)滋賀県立膳所高校卒業45周年記念同窓会の開催

本年回顧に直球勝負。

2018回顧③

2018-12-27

※※※12月27日(木)※※※

7月 (世界)トランプ米大統領、プーチン露大統領首脳会談 (日本)西日本豪雨 

   (スポーツ)サッカーW杯でジャパン惜敗 (冨波)第100回全国高校野球選手権・滋賀大会開会式に出席

8月 (世界)イタリア北部橋梁崩落事故 (日本)自民党杉田水脈議員「生産性がない」発言 

   (スポーツ)第100回全国高校野球選手権大会で金足農校旋風 (冨波)ドラゴンボートキッズ大会の開催

9月 (世界)トランプ米大統領、金正恩北朝鮮労働党委員長会談 (日本)自民党総裁選挙で安倍首相3選 

   (スポーツ)大阪なおみ全米オープンテニス優勝 (冨波)ドラゴンボート選手権大会を開催

本年回顧に直球勝負。

2018回顧②

2018-12-26

※※※12月26日(水)※※※

4月 (世界)金正恩北朝鮮労働党委員長が韓国訪問 (日本)加計学園獣医学部新設問題で愛媛県文書に「首相案件」

   (スポーツ)なでしこジャパンがアジアカップ連覇 (冨波)長女に第一子(男児)誕生

5月 (世界)米国在イスラエル大使館をエルサレムに移転 (日本)財務省が森友交渉記録を意図的廃棄 

   (スポーツ)アメフト悪質タックル問題 (冨波)「全国みどりの集い」で皇太子・皇太子妃をお出迎え

6月 (世界)トランプ米大統領と金正恩北朝鮮労働党委員長との会談 (日本)大阪北部に地震 

   (スポーツ)羽生結弦選手に国民栄誉賞 (冨波)滋賀県知事選挙で野洲地区責任者を拝命

本年回顧に直球勝負。

 

2018回顧①

2018-12-25

※※※12月25日(火)※※※

今年も残すところ後数日となりました。 そこで、以下3つの領域から、私目線の回顧を4回に分けて挙げておきます。

1月 (世界)北朝鮮が大陸間弾道ミサイルの実践配備を宣言 (日本)旧優生保護法を巡る提訴 

   (スポーツ)卓球の張本智和選手が最年少(14歳)優勝 (冨波)会派県外(東京都ろう学校他)行政調査を実施

2月 (世界)トランプ米政権が核戦略の見直し (日本)財務省が森友交渉新文書を公表 (スポーツ)平昌五輪が開幕   

   (冨波)第90回選抜高校野球大会に滋賀県立膳所高校野球部が21世紀枠で選出

3月 (世界)ロシア大統領選でプーチン4選 (日本)森友問題で佐川国税庁長官が辞任 

   (スポーツ)大谷翔平がメジャーデビュー (冨波)第90回選抜高校野球大会出場の膳所高校野球部を応援

本年回顧に直球勝負。

 

 

「県政しが」新年号

2018-12-24

※※※12月24日(月)※※※

「県政しが」新年号が届きました。 本号は私のインタビューが掲載されました。 

私の経歴や行動の原点を旨くまとめて頂いておりますので、ご笑覧下さい。

お入り用でしたら、ご一報下さい。 

画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん、立ってる、スーツ
 
とば義明の原点に直球勝負。

平成最後の有馬記念

2018-12-23

※※※12月23日(日)※※※

今年最後のJRAのG1「有馬記念」は、平成最後の有馬記念ということで参加してみました。

というのは、新聞の印をみた瞬間、8番、12番の2頭軸だと直感したからです。

実は、8番、12番というのは、私の誕生日であり、「8-12はとてつもない幸運ナンバーなのです。

野球小僧の私は、昭和47年の第54回全国高校野球選手権大会に出場し、8月12日の18歳の誕生日に広陵高校(広島)と戦った祈念すべき幸運日なのです。 

ですから、先ずは8番、12番の2頭を軸に置き、2番、3番、5番、6番、10番、11番、14番、15番をピックアップしました。

しかし、有馬記念では必ずJC(ジャパン・カップ)出走馬が馬券に絡むということですが、8・12はJCに不出馬でした。

そこで、出走馬の6・10・14・15の4頭を勝負馬券にし、不出走馬2・3・5・11は押さえとしました。

また、有馬記念は関西馬が強いレースですが、8番、12番共に関東馬ですので、3頭目は関西馬からということで、関東馬の10番は薄めにして、6・14・15での勝負です。

最後に、有馬記念は内枠有利ということでしたので、最大の勝負馬券として6番が最有力との結論に達しました。

結果は、8-12-15で有終の美を飾ることができましたが、少々残念な気がしました。

今年最後の、平成最後の有馬記念なら、最終番号の15番を厚めにすべきでした。 競馬はそんな甘い物では有馬せん

勝負師の勘に直球勝負。

 

石田三成ドラマ化

2018-12-22

※※※12月22日(土)※※※

いつの日にか、NHK大河ドラマに「石田三成」を主人公とした物語が登場することを期待して、今日は三成の生き様について。

yjimage1 秀吉亡き後の世を、豊臣家を中心とした集団体制に移行するのか、徳川家が単独で天下の主となるのか。 

この後継政権を巡って争われたのが、ご存じ「関ヶ原の戦い」でした。 

この戦いでは、秀吉恩顧の多くの武将達が東軍の徳川家康になびきましたが、西軍の石田三成は勝ち馬には乗りませんでした。

関ヶ原の戦いでは、小早川隆景の裏切りであっけなく敗軍の将となり、落ち武者となった三成は、その後、捕らえられて市中引き回しの上、斬首されれます。

「何故、腹を切らず生き恥をさらした」という周囲のあざけりに対して、光成三成はこう言い放ったと言われています。

「小人は大志を理解できぬものだ。 身を屈し、何としてでも命を長らえ、次に備えるのが対象である」 これはよく知られた逸話です。

しかし、これとは別に、落ち武者となった三成が、その途中で村の老僧と話した時に言ったといわれる話しをある雑誌で読んだことがあります。

運ではない。 私は左様なものを信ぜず。 義をのみ、信じている」というものです。

石田三成は常に徳川家康との対比上ズル賢い悪者として描かれますが、このストーリーは、その後の徳川幕府による捏造であることはよく知られています。

忠義の心と不屈の魂」、これは戦国時代のみならず、いつの時代でも求められ、問われているリーダーの資質です。

忠義の心と不屈の魂に直球勝負。

« Older Entries
Copyright(c) 2011 toba-yoshiaki.net All Rights Reserved.