9月 12th, 2018年

近江牛の生産振興

2018-09-12

※※※9月12日(水)※※※

環境・農水常任委員会の県内調査で、今日は日野町の滋賀県畜産技術振興センターを訪問しました。(衛生上、白衣と靴カバーをしています)

当センターは、環境との調和にこだわった安全、安心で良質な畜産物の生産を推進するため、実用的な技術開発とその普及・指導に努められています。

特に当センター内に新設された「キャトルステーション」では、県内農家から買い取った和牛仔牛を生後9カ月まで育て、県内農家に販売する「滋賀県生まれ、滋賀県育ちの近江牛」の生産拡大を目指しています。

画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん、スマイル

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
 
画像に含まれている可能性があるもの:室内
 
画像に含まれている可能性があるもの:家、空、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、家、屋外
 
近江牛の振興に直球勝負。
Copyright(c) 2011 toba-yoshiaki.net All Rights Reserved.