6月, 2017年

WMG2021関西

2017-06-30

※※※6月30日(金)※※※

今日は6月定例県議会で登壇し、以下の質問をしました。

「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西」の開催に向けて(抄録)

ワールドマスターズゲームズは、国際マスターズゲームズ協会が4年ごとに主宰する、原則30歳以上のスポーツ愛好者であれば、誰もが参加できる生涯スポーツの国際総合競技大会です。

1985年にカナダのトロントで第1回大会が開催されて以来、今年4月に開催されたオークランド大会で9回を数え、第10回記念大会は2021年にアジアで初めて関西地域で開催され、本県でもドラゴン・ボート競技など6種目が行われます。

この「2021関西大会」の開催を4年後に控え、私も滋賀県ドラゴンボート協会の役員として、去る4月27日から4日間に渡りドラゴンボート競技を中心に現地での開催状況などをつぶさに調査して参りました。

そこで、マスターズゲームズの開催について、本県の準備状況や課題について、知事並びに県民生活部長及び商工観光労働部長に伺います。

(1)「2017オークランド大会」への参画と視察について、知事に伺う。

①現地視察された知事の感想について    ②本県の参画状況及び視察報告について

(2)「2021関西」に向けた本県実行委員会の現況について、県民生活部長に伺う。

①「2021関西」を開催する目的や意義ついて    ②本県実行委員会と「関西大会」の組織委員会との役割分担及び連携の現状ついて    ③「競技別実施要項概要」作成の進捗状況について

④スポーツボランティアの活用について    ⑤国際マスターズゲームズ協会による本県会場の視察状況について

(3)「2021関西大会」に向けた本県の観光戦略について、商工観光労働部長に伺う。

①「2021関西大会」が及ぼす経済効果及び本県への波及効果について

②「2021関西大会」に向けた本県に特化した観光戦略について 1、「ビワイチ」の現状と積極的な活用 2、「民泊」の制度整備と普及推進 3、「スポーツツーリズム」の推進状況     4、滋賀の「おもてなし精神」の醸成

(4)「2021関西大会」を含む国際大会レガシーの継承について、知事に伺う。

国際大会のレガシーを、今後、本県ではどの様に継承してゆくのかについて

(まとめ)「スポーツの持つ社会的意義」について

今回、私がワールドマスターズゲームズ2021関西大会の開催についてと題して質問したのは、「スポーツの持つ社会的意義」を再確認することと、スポーツ大会の開催が、どの様に県民生活に資するものかという点を明らかにしたいと感じたからです。

「スポーツの持つ社会的意義」について、1995年にリスボンで開催された「ヨー ロッパ・スポーツ閣僚会議」で採択された「リスボン宣言」では、次の様に書かれています。

「スポーツは、社会の健康と福祉の向上を促す」こと、「スポーツは活力ある市民による民主社会の発展と維持に寄与する」こと、「スポーツは諸国の経済活動に重要な役割を果たす」ことなど、個人の健康の保持増進の観点に止まらず、社会全体の健全化に寄与することが謳われています。

そして、「スポーツは我々の社会に欠くことのできないパートナーであり、政策決定、特に健康・教育・福祉、経済政策に関する分野において不可欠の要素として重視すべきである。」と結ばれています。

「2021関西大会」を含む国際的なスポーツイベントの開催が、我が国や関西地域、また、本県の健全な社会構築に寄与するものとなることを切に期待し、質問とします。

議会質問に直球勝負。

水無月の祓え

2017-06-29

※※※6月29日(木)※※※

早いもので明日で6月も終わり、今年も半年が終わります。 ホント、早い。「光陰矢の如し」という言葉を実感しています。

さて、6月30日は、一年の上半期の最終日、6月晦日に行われる伝統行事、「夏越しの祓え(なごしのはらえ)」、または、「水無月の祓え(みなづきのはらえ祓え)」です。

大晦日は「大祓え(おおはらえ)」で、一年の罪や穢れを祓い、正月を迎えるとされますが、「夏越しの祓い」は、上半期の罪や穢れを祓い、清い身で「お盆」を執り行うというものです。

神社では、茅(ちがや)で作った大きな輪=「茅の輪(ちのわ)」が置かれ、この輪をくぐることで病気や禍を免れるとされています。 私も幼い頃、京都の神社でよくさせられたものです。

夏越しの祓えする者は、千歳の命延というなり。」と唱え、左足から踏み入れ、八の字を描く様に3度くぐらされました。 もう何年もやっていませんが・・・・・。

しかし、今でもこの時期は和菓子「水無月」です。 私は冷蔵庫に入れた水無月を、朝、寝起きに食べるのが大好きで、これを食べる事で日本の夏を感じると言っても過言ではありません。

この水無月の△形は氷を表し、小豆は悪魔払いを意味しています。 暑い時期に清涼感と穢れ祓いを込めた日本人の知恵と言うか、縁起を担ぐ国民性というか、宗教性です。

私は、明日、6月県議会の一般質問に立ちます。 これで、上半期を総括します。

上半期の総括に直球勝負。

どれも問題発言

2017-06-28

※※※6月28日(水)※※※

稲田朋美防衛相が27日夕、都議選の自民党公認候補の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」などと発言しました。

この発言は、防衛省・自衛隊が組織ぐるみで特定政党の候補を応援しているという印象を与えるうえ、大臣が隊員に対し、自衛隊法に抵触する政治的行為を呼びかけたと受け取られかねない問題発言です。

自衛隊法61条では、「選挙権の行使以外の自衛隊員の政治的行為を制限」しており、特定の政党などを支持する目的で職権を行使できません。

自衛隊委員に遵法精神を説く最高の立場いる防衛大臣が、自身の地位に言及して所属政党の公認候補への支持を呼びかけることは、自衛隊の政治利用と受け取られかねない行為です。

稲田氏は応援演説直後は「演説会場が陸上自衛隊練馬駐屯地も近く、防衛省・自衛隊の活動にあたっては地元に理解、支援をいただいていることに感謝しているということを言った」と釈明していましたが、同日深夜、「誤解を招きかねない発言があった」として撤回しました。

しかし、問題発言は、稲田防衛相の発言だけではありません。 彼女の問題発言に対して、党の幹部は、「都議会議員選挙へ悪影響が出ないようにしたい」と述べています。

先日の豊田真由子議員の秘書に対する「暴行・暴言事件」の時も、下村会長は、「都議会議員選挙へ悪影響が出ないようにしたい」と述べています。

河村元官房長官は、「あんな発言、男の議員なら一杯いる」、「秘書があんな音声を公表することは、何か別な意図を感じる」なんてことを発言しています。

しかい、秘書を無能呼ばわりしたり、「死ねば」と言ってみたり、運転中に暴行するなど許されることなのでしょうか?

それでは聞きますが、もし、稲田大臣の様な発言を公務員がしたらどうなっていたでしょうか? 豊田氏議員が男で、秘書が女性ならこんなことで済んだでしょうか?

豊田議員は、「党に迷惑がかからない様に」という理由でさっさと離党してしまいました。

どれもこれも、国民への真摯なお詫びでなく、選挙対策のためにという、自民党のためという党利党略、私利私欲の問題発言ではないでしょうか。

いずれも、辞任、退職は免れられない事態でしょう。 昨日も書きましたが、政府与党議員の言動は、もう滅茶苦茶、世も末、断末魔の状況です。

無茶苦茶な政治家に直球合勝負。

綸言汗の如し

2017-06-27

※※※6月27日(火)※※※

「論語」の一文からです。

「政治で最も大切なことは何か」という弟子の問いに、孔子は「必ずや名を正さんか」と答えます。

「言葉の意味が混乱すれば、刑罰など統治は乱れる。人々は正しい言葉に従うものだ」と、言葉を正しく使うことが統治の基本であることを説きます。

政治家の言葉は重い。「綸言(りんげん)汗のごとし」とも言われるように、統治者の口からひとたび発せられた言葉は取り消すことはできません。

しかし、最近の我が国首相の答弁姿勢や言葉遣いは目に余るものがあります。

首相は5月、読売新聞のインタビューで「2020年に新憲法施行を」と発言し、国会で追及されると「読売新聞を熟読していただきたい」と突き放しています。

「森友学園や加計学園」を巡る問題では、批判的質問には「印象操作だ」と直接答えず、一方的な持論を展開し、あらんことや野党攻撃に終始しています。

今日は、「加計学園問題」に関連し、「岩盤規制で1穴を開けたので、これからは獣医学部解説を希望する場合は、どんどん作る」と言い放ちました。

政治家の無責任、軽率・軽薄、責任転嫁発言の極みです。 もう世も末かと感じる一方、将棋の藤井聡太君の活躍と言動には頭が下がる思いで、涙が出てきます。

一言の重さに直球勝負。

学習指導要領改訂③

2017-06-26

※※※6月26日(月)※※※

昨日に引き続き、6月定例県議会でのチームしが県議団の代表質問「新学習指導要領の導入に向けて」の3回目(最終回)です。

~ ~ ~ 4点目に教員の長時間勤務」改善への取り組みについて伺います。

今回の学習指導要領改訂に係る中教審の答申では、「主体的・対話的で深い学び」を実現するためには教育現場の環境整備が重要との指摘があり、また、中教審の総会では多くの委員から教職員定数を拡充する要望が上がったと仄聞しています。

教員の勤務実態について、文科省の2017年度の「教員勤務実態調査」によると、国が「過労死ライン」としている週20時間以上の「残業」をこなす教員は小学校で33.5%、中学校で57.7%に達すると報告されていますが、政府の「働き方改革」が進む中、公立学校教員の長時間残業だけが労働基準法の適用対象外となっています。

また、連合総合生活開発研究所が全国公立校を対象とした昨年度の調査では、タイムカードなどで出退勤を記録している学校はわずか1割程度であり、多くの学校で教員の出退勤時間が把握されていない実態も明らかになりました。

「働き方改革」を推進する上でも、教員の労務管理の基本というべき勤務時間の掌握については、早急に「勤務時間の見える化」を図る必要性があると考えます。

さらには、長時間残業に加えて、とりわけ中学・高校の教員にとって大きな負担になっているのが教員の献身的な奉仕精神に支えられた部活動指導の問題があります。

文科省は、部活動指導の負担を軽減させようと、学校の教員ではない外部コーチが部活の指導や試合などの引率が行える「部活動指導員」を本年4月から制度化しましたが、この活用経費については各自治体の負担になることから効果的な制度運用が進んでいないと聞き及びます。

この様な中、滋賀県教育委員会では、学校現場の「働き方改革推進本部」を立ち上げられ、学校長やPTA役員、民間企業役員の皆さんと共に「教員の働き方」についての検討を始められました。

この様な教育現場の課題をしっかりと捉え、実効性ある改革案の策定を期待するところですが、本県における教育現場の長時間労働の現状と今後の取り組みについて、教育長に伺います。

学習指導要領の改訂に直球勝負。

学習指導要領改訂②

2017-06-25

※※※6月25日(日)※※※

一昨日に引き続き、6月定例県議会のチームしが県議団の代表質問「新学習指導要領の導入に向けて」の2回目です。

~ ~ ~ 2点目として、小学校5・6年生への正式教科英語」の導入について伺います。

この度の改訂に際して、文科省は、「量を減らさず、質を改善する」と説明してきましたが、「質より量を優先した」結果、学校現場では極めて窮屈な教育課程の編成を余儀なくされるのではないかとの懸念が出ています。

授業時間数をどの様に確保するのかについて、その代表例として、小学校5・6年生への正式な教科「英語」の導入が挙げられます。

現行週1単位の「外国語活動」が週2単位の「英語」の授業になることに伴う増加分を、週5日で組まれた学校の教育課程にどの様組み込んでいくのか大変難しい面があります。

文科省の説明では、現在の「総合的な学習の時間」の活用や土・日や夏休み、始業前や放課後に授業を行う案、休憩時間や昼食時間を短縮して行う案などが出ていると仄聞していますが、果たして、子ども達の学習や学校生活に無理は生じないのでしょうか。

また、そもそも、「総合的な学習の時間」は、文科省の目指す「主体的な学び」を実践する中核的な授業であり、これを削減しても良いという方針は、矛盾しているように感じられます。

文科省は「カリキュラム・マネジメント」と称して教育課程の工夫を学校現場に求めていますが、教員数も時間数も限られた中で、果たしてどの様な工夫ができるのでしょうか。

そこで、来年度から先行実施される正式教科「英語」の授業を教育課程の中にどの様に組み入れ、実施しようとするのか、教育長に伺います。

3点目に、道徳の教科化」について伺います。

新学習指導要領では、小・中学校の現行「道徳の時間」が「特別の教科道徳」として位置付けられました。

文科省は、今回の改訂のねらいについて、「発達の段階に応じ、答えが一つではない課題を一人ひとりの児童生徒が道徳的な問題と捉え、『考える道徳』、『議論する道徳』へと変換を図るもの」とし、「道徳的な心情、判断力、実践意欲と態度などの道徳性を養うことを目的に、授業は原則として担任が行い、評価は数値ではなく記述式にする」としています。

しかし、教育現場からは、「道徳教育は心の教育とされているが、子どもたちの多様な価値観の育成に資するものか、一方的な価値観の押し付けにならないか、心の内面を適正に評価できるのか、子どもが本心を隠し、迎合した発言にならないか」など、様々な観点から心の教育に対する戸惑いの声が聞かれます。

そこで、現在行われている小学校の「道徳」の授業の現状と課題、そして、これらを踏まえて、来年度から「道徳科」をどのように進めようとしているのか、教育長の所見を伺います。

学習指導要領の改訂に直球勝負。

なぞり周航の応援

2017-06-24

※※※6月24日(土)※※※

素晴らしい晴天の下、琵琶湖周航の歌」100周年記念事業の一環として、今日は大津市瀬田港~高島市今津港まで京大部ボートOBによる「なぞり周航」が行わました。

「琵琶湖周航の歌」の作詞者は、小口太郎(明治30年、長野県生まれ)氏で、大正5年、第三高等学校(現在の京都大学)に入学し水上部(ボート部)に所属していました。

水上部で琵琶湖周航の途中、2泊目の今津で小口氏は琵琶湖をテーマにした詩を部員に披露しました。 この詩を当時学生の間で流行していた吉田千秋作の「ひつじぐさ」のメロディーにのせて歌ったのが始まりと伝えられています。

今年は、この歌が創作されて100年と言うことで、滋賀県でも多くのイベントが開催されますが、京都大学漕艇部の有志達が、入れ替わりながら、4日をかけて琵琶湖1周のローングを行います。

今日はその初日ということで、冒頭の距離を漕がれました。

滋賀県ドラゴンボート協会も「なぞり周航」の皆さんを応援するためにオーパル沖に3艇を出し、合計約60人、陸からの応援団約40人、総勢100人で声援を送りました。

私は随行ボートに乗船させて頂き、船上からから大きな声で琵琶湖周航の歌を歌って応援しました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、山、屋外、自然、水
 
画像に含まれている可能性があるもの:海、空、屋外、水、自然
 
琵琶湖周航の歌100周年に直球勝負。

学習指導要領改訂①

2017-06-23

※※※6月23日(金)※※※

今日は、6月定例県議会で自民党県議団とチームしが県議団の2会派で、代表質問が行われました。

チームしが県議団の代表質問「新学習指導要領の導入に向けて」は、教育分野担当の私が原稿を書き上げましたので、今日から3回に分けて掲載させて頂きます。

~ ~ ~ 新学習指導要領の導入に向けて」、以下、全て教育長に伺います。

本年3月31日、文部科学省(以下、文科省)は、2030年頃までの学校教育の基準となる新学習指導要領を公示しました。

新指導要領は、小学校は2020年度、中学校は2021年度から完全実施、高校は2022年度から年次進行で実施されますが、これに先立ち、小学校では2018年度から一部教科が先行して実施されるなど、新指導要領の円滑な実施に向けた移行期間が始まります。

今回の改訂では、「詰め込みかゆとりか」と言った2項対立の議論を終わらせることを目的に、知識と思考力は共に重要と位置付け、現行の学ぶ内容は減らさない代わりに、従来の学習指導要領の中心だった「何を学ぶか」に加えて、「どのように学ぶのか」、「何ができるようになるか」といった視点から各教科の内容が見直されました。

そこで、新学習指導要領の導入に伴う諸課題について、以下、4つの観点から全て教育長にお伺いします。

先ず、1点目に新たな学びの実現」を達成する授業について伺います。

文科省が公表した新学習指導要領案では、以前は「アクティブラーニング」と称され、現在では「主体的・対話的で深い学び」と呼ばれる授業形態の導入と小学校での「プログラミング教育」が必修化されました。

グローバル化が進む中で、これからは知識の量だけでなく、知識を活用する力や知識を生かして物事を解決する力が問われることとなり、「主体的・対話的で深い学び」を求める方向性は時宜を得たものと考えます。

また、「プログラミング教育」は、論理的思考力や創造性、問題解決力を育成するための教育、つまり、将来、どのような職業に就くとしても求められる「プログラミング的思考」を育成するための教育として、必修化されたものです。

しかし、「主体的・対話的で深い学び」の授業や「プログラミング学習」の成否は、これまで以上に教員の力量に負うところが大きくなるにも関わらず、こうした形態の授業については、教員自身の経験が乏しいという現状や明確な指導書がないという状況にあると仄聞しています。

この様な状況の中で、学校での「主体的・対話的で深い学び」や「プログラミング学習」の授業をどの様に展開し、「新たな学びの実現」を達成しようとするのか、教育長の所見を伺います。

学習指導要領改訂に直球勝負。

真実の敵は事実

2017-06-22

※※※6月22日(木)※※※

今日、「事実真実」の違いについて、元中学校教員をしていた同僚議員の文章から学びましたので紹介します。

~ ~ ~ 「真実の最大の敵は事実である」、これはドン・キホーテを著したセルバンテスの言葉。 折に触れて思い出す言葉である。

ある女生徒が「修学旅行には行かない」と言う。 彼女は(家庭に経済的な困難があったが)就学援助があり、旅行費用については自己負担がなかった このことは、事実

しかし、クラスメートとお風呂に入ることを考えた時、親に新しい下着をねだることはできなかった。 だから、「行かない」と言った。 これが、真実 ~ ~ ~

さて、私はこの文章を読んで、思わず「加計学園問題」に置き換えました。

総理から、「加計学園に決めろ」との指示がなかったのは、多分、事実だと思われます。 しかし、総理への忖度から「加計学園に決める」しかなかったのが、多分、真実だと思います。

事実は明らかになっても、真実は解明されないのでしょうね。 つまり、「真実の最大の敵は事実である」、正にセルバンテスの言う通りです。

真実の究明に直球勝負。

 

権力者こそ忖度を

2017-06-21

※※※6月21日(水)※※※

今日は雨の一日、終日、一般質問の原稿執筆。 テレビでは、「加計学園問題」に関して、新しく文科省から出た内部文書について報道されていました。

新文書は、文科省から発表されたメールで、文科省関係者が共通理解するための内容が記載されており、萩生田官房副長官の「ご発言内容の概要」が記されていました。

この中で、萩生田氏から「総理の強い意向」だとか、「最終決定日程が切られている」だとか、圧力的な働きかけがあたことが克明に記されていた様です。

萩生田氏は「そんな発言はなかった」と否定し、松野文科相も、この文書について「著しく正確性を欠く文書」としていますが、公表した以上それなりの重みのある内部文書であるはずです。

また、あるテレビ局のキャスターは、「仮に、この文書の内容が正しかっても、何が問題なのか」、岩盤規制を打ち破るべく「法に則り、手続きをしただけ」などの発言をしていました。

私も、岩盤規制を打破するための「特区制度」は、必要であると思いますし、この度は注意深く手続きを進められたのだと思います。

その意味では、政治的・合成手続的には問題はなかったのかも知れません。 しかし、岩盤規制打破を敢行する側とこの恩恵を受ける側との関係には、当然、然るべき距離感が必要です

恩恵を受ける側が首相の「腹心の友」であったり、総理夫人が同学園の付属幼稚園の名誉職についていたり、また、官房副長官がこの学園系列大学の講師を務めている関係は極めて異常です。

権力者は、仮にこの度の決定が合法的であり、政治的にも不正(金銭授受)などがなかったとしても、やはり、道義的に見て問題があるとしか言いようがありません。

それこそ、権力者が「忖度」して、この学園に関わることだけ止めておこうと判断すべきではないでしょうか。 それが、本来の「忖度」という意味ではないでしょうか。

それが政治家に求められる「徳性」であり、政治家が持つべき「資質」だと思います。 それを開き直るなんて、それこそ「ゲスの極み政治」、子ども達に「道徳」を説く資格はありません。

政治家の忖度に直球勝負。

« Older Entries
Copyright(c) 2011 toba-yoshiaki.net All Rights Reserved.