活動日記

教育勅語の亡霊②

2018-10-04

※※※10月4日(木)※※※

「教育勅語」については、昨年3月13日~14日のブログで詳しく書かせて頂きましたが、またまた、「教育勅語」亡霊の登場です。

そこで、改めて、昨年のブログを引用して、教育勅語の問題点を押さえておきたいと思います。 今日は、その2回目です。

※※※2017年3月14日(火)※※※

(3)教育勅語はなぜ廃止されたか、その法的根拠があります。 

日本は先進国の一員であり、法治国家ですので、法の定めにより政治が行われなければなりません。

衆議院では、昭和23年6月に、以下の様な観点から「教育勅語等の排除に関する決議」をしています。

①「教育勅語」並びに「教育に関する諾詔勅」が、今日もなお国民道徳の指導原理の如く誤解されるのは、従来の行政上の措置が不十分であったためであること。

②これらの詔勅の根本理念が「主権在君」並びに「神話的国体観」に基いている事実は、明かに基本的人権を損い、且つ国際信義に対して疑点を残すこと。

③最も緊要なことは「教育基本法」に則り、教育の革新と振興を図ることにあること。

そこで、「衆議院は、憲法第98条の本旨に従い、これらの詔勅を排除し、その指導原理的性格を認めないことを宣言する。」ことを決議しています。

参議院でも、昭和23年6月に、以下の様な観点から「教育勅語等の失効・確認に関する決議」をしています。

①われらは、先に日本国憲法の人類普遍の原理に則り、教育基本法を制定して、わが国家及びわが民族を中心とする教育の誤りを徹底的に払拭し、真理と平和とを希求する人間を育成する民主主義的教育理念をおごそかに宣明したこと。

②その結果として、教育勅語は、軍人に賜はりたる勅諭、戊申詔書、青少年学徒に賜はりたる勅語その他の諸詔勅とともに、既に廃止せられその効力を失っていること。

③それらが既に効力を失つている事実を明確にするとともに、政府をして教育勅語その他の諸詔勅の謄本をもれなく回収せしめること。

そこで、「参議院は、教育の真の権威の確立と国民道徳の振興のために、全国民が一致して教育基本法の明示する新教育理念の普及徹底に努力を致すべきことを期する。」と決議しています。

この様な歴史的経緯により廃止されている「教育勅語」を、よりによって現職の防衛大臣が「核の精神は取り戻すべき」と言うこと自体、知識不足・認識不足と言われても当然です。

百歩譲って「教育勅語」の時代であったとしても、この防衛大臣は「憲法を重んじ、法律に従うべし」という「教育勅語の精神」に反します。

教育勅語の亡霊に直球勝負。

教育勅語の亡霊①

2018-10-03

※※※10月3日(水)※※※

「教育勅語」については、昨年3月13日~14日のブログで詳しく書かせて頂きましたが、またまた、「教育勅語」亡霊の登場です。

安倍政権下で内閣改造が行われ、文科相に就任した柴山昌彦新文科相が教育勅語に関して、「現代的にアレンジして教えよう、と言う動きは検討に値する」と述べました。

そこで、改めて、昨年のブログを引用して、教育勅語の問題点を押さえておきたいと思います。 今日は、その1回目です。

※※※2017年3月13日(月)※※※

今、話題となっている「教育勅語」について、3回に分けて私見を書き留めておきたいと思います。 

(1)先ず、「教育勅語」とは、正確には「(天皇の)教育に関する勅語」です。 「勅語」とは、天皇陛下のお言葉やそれを文章にしたものを指します。 つまり、「教育に関して明治天皇が下されたお言葉」ということです。

この「教育勅語」は、1890年(明治23年)10月30日に発布され、1948年(昭和23年)6月19日に廃止されています。

(2)次に一部の保守的な人や稲田防衛大臣が讃える 「教育勅語」の内容を簡単にして紹介します。

①親に孝行する事  ②兄弟や夫婦は仲良くする事  ③友人とは信じあう事  ④慎み深く行動する事  ⑤周りには博愛の精神を持って接する事  ⑥勉強と仕事を頑張って知能を鍛え、徳と才能を磨く事  ⑦公共の利益に尽くす事  ⑧憲法を重んじ、法律に従うこと  ⑨緊急時は公の為に奉仕する事  ⑩以上の事をもって国、皇室を支える事。

①~⑧については、誰に言われるまでもなく、また、強制されることもない当然の事柄ばかりです。 

⑨、⑩は、これがあるから廃止されたとも言える重要な部分です。

稲田防衛大臣などは、①~⑧の部分に焦点を当て養育の「核の精神」だとか、全てが悪いわけではないとかトンチンカンな発言をしています。 

教育勅語問題に直球勝負。

確かな学力について

2018-10-02

※※※10月2日(火)※※※

本日の9月定例議会一般質問に立ち、「確かな学力」を育む教育の推進について、知事並びに教育長に質問しました。

去る7月31日に、滋賀県教育委員会から本年度の全国学力・学習状況調査の結果が公表された。

この結果を受け、滋賀県教育委員会は「重く受け止め、スピード感を持って2学期からの授業を改善させたい」としているが、県議会でも「課題を把握し、確かな学力を身につける取り組みを進めるよう強く求める決議」を可決した。

そこで、この機を捉え、学習指導要領に掲げられた「子ども一人ひとりの個性を大切にし、子ども達の『確かな学力』を育成する」という観点から、「確かな学力」を育む滋賀の教育の在り方について、知事並びに教育長に伺う。

(1)「確かな学力」について ・・・ 知事

問① 「確かな学力」をどの様な学力と捉えているのか(定義)について。

(2)「学力調査」について ・・・ 教育長

問② 県議会が可決した「確かな学力を育む取り組みを求める決議」について

問③ 教育委員会では「確かな学力」を身につける取り組みをどの様に進めて行くのか

問④ 学力調査の結果分析から判明した課題が起きる「原因」をどの様に捉まえているか

問⑤ 過去問題や宿題を課すなどの「事前指導」について

問⑥ 「旧学力調査」が、わずか11年で終了された理由について

問⑦ 学力調査の結果を教員の「人事評価」に反映させる考え方について

問⑧ 本県でも学力調査結果が教員の「人事評価」に反映される可能性について

(3)「確かな学力」を育む取り組みについて ・・・ 教育長

問⑨ 「学ぶ力向上滋賀プラン」で示された取り組みについて

問⑩ 「学ぶ力向上滋賀プラン」の取り組みの主な成果と課題について

問⑪ 教員が子どもをきめ細やかに「観察」するとは、どの様なことかについて

問⑫ 「学級集団アセスメントテスト」についてどの様に認識しているかについて

問⑬ 本県の「学級集団アセスメントテスト」の実施状況について

問⑭ 「学級集団アセスメントテスト」の積極的な導入について

「確かな学力」を育む滋賀の教育を確立するために、子ども達一人ひとりをきめ細やかに見つめる教育活動を推進するとと共に、学級集団が有する力を有効に機能させるための「学級集団アセスメントテスト」の早急に導入することを求める。

滋賀の教育に直球勝負。

本庶教授の生き方

2018-10-01

※※※10月1日(月)※※※

京都大学の本庶  佑(ほんじょ たすく)特別教授が、ノーベル医学生理学賞を受賞されるという嬉しいニュースに接しました。

免疫を抑制するタンパク質「PD-1」を発見し、がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発につなげたことが、ノーベル賞に繋がったそうです。

このニュースを機にで私も、話題の「オプジーボ」について、ほんの少しだけ理解することができました。

本庶先生は、記者会見で子ども達へのメッセージとして、「重要なのは、教科書に書いてあることを鵜呑みにせず、不思議だと思う心や、何か知りたい、本当はどうなのかという探求心を持つこと」を挙げられておられたのが、大変心に響きました。

また、研究者として、研究を続ける上で大切なこととして「6つのC」を挙げられました。

Curiosity(好奇心)、②Courage(勇気)③ Challenge(挑戦)、④Confidence(確信)、⑤Concentrate(集中)、⑥Continuation(継続)

 つまり、「好奇心を大切に勇気を持って困難な問題に挑戦し、必ずできるという確信をもち全精力を集中させ、諦めずに継続すること」です。

座右の銘は、有志竟成(ゆうしきょうせい)」で、意味は「強い志を持ち頑張れば目的は必ず達成できる」です。

6C」と「有志竟成」からまとめると、「何を成し遂げるにしても、結局は日々の積み重ねである。 その積み重ねが結果として現れるだから、諦めずに努力し続ければ、いずれそれに見合った成果が生み出される」ということですね。

私とは、「生来のタイガースファン」、「大のゴルフ好き」、「頑固で一途」など、共通点が多い先生ですので、とても親近感が沸きました。

研究者の生き方に直球勝負。

 

 

 

 

 

本庶佑さんの研究姿勢から我々が学べることは、「諦めず頑張ること」の大切さではないでしょうか。

 

 

自分の生き方に直球勝負。

ロックンローラー魂

2018-09-30

※※※9月30日(日)※※※

女優の樹木希林さん(75歳)が今月15日に自宅で亡くなられていたことが、報道されています。

私達の世代は、樹木希林さんが「悠木千帆」と名乗られている時から知っており、特に「寺内貫太郎一家」は良く観ていました。

小林亜星演じる貫太郎の実母を演じるなど20代から老人の役を演じ、その老け役がはまり役・当たり役と言えます

容姿・風貌・言動から、何かしらユーモア感はあるのですが、一方で、私には、何かしら知的な雰囲気も感じられました。

樹木さんは、この十数年、網膜剥離で左目を失明したり、乳がんで右乳房の全摘出手術を受けたり、病気と壮絶な闘いを繰り広げてこられました。

2013年の第36回日本アカデミー賞の授賞式で「全身がん」と転移していることを明かされた時は、驚くと共に人としての強さも感じました

私生活では、ロック歌手の内田裕也氏と結婚すますが、1年半で別居し、その後別居生活を続けていたそうです。

しかし、やんちゃの限りを尽くす内田氏とは、誰がなんと言おうと頑として離婚しませんでした。

その理由を「内田氏に純粋な面があるから」と長女に語っていたそうです。 

これこそ、本当の「」ではないでしょうか。 口だけで「ロックンローラー」を叫ぶ、内田氏とは違います。

真のロックンローラー魂に直球勝負。

 

持つべき友人

2018-09-29

※※※9月29日(土)※※※

「徒然草」を著わした吉田兼好の言葉に、「1つには物くるる友、2つには医者、そして、3つめには知恵ある友。これぞ、良き友の3つ」があります。 

持つべきは、先ず、品物をくれる友達、次に医者の友達、そして、頭の切れる友達という訳です。

出来れば自分が知恵者でありたいものですが、友人に知恵者、いわゆる、ブレーン(頭脳)を持てたらとつくづく思います。

そこで、今日は頭のキレを試すクイズです。 答えは、明日に。

【第1問】A群の単語と関係のあるB群の単語はどれでしょう?

{A群}①PAPER ②SPIDER ③MOON ④STONE

{B群}(ア)COLUD (イ)DOCTOR (ウ)LUCK (エ)HAIR

【第2問】旅行好きの3人の女性が米国に旅行した際、おいしそうと言われた女性は、次の3人の内誰でしょう?  

①松田さと ②山口つる ③伊藤とめ

【第3問】漁師達が持ち帰った巨大なサメの体重を、50㎏までしか計れない計測器一台で測る方法とは?

【第4問】太郎君は学校の花桜の木の下で子さんに愛を告白しましたが失敗。しかし、翌日、再び太郎君は花子さんをお寺の大きな銀杏の木の下で愛を告白したら成功、さて、その理由は? 

ブレーン作りに直球勝負  

教育と教養が必要

2018-09-28

※※※9月28日(金)※※※

御年85歳の大先輩とお話しする機会に巡り合いました。 高校野球の大先輩、甲子園出場者同士です。

開口一番、「こんな人生なら、もう一度やっても良い」でした。

自身で言われるように、好きな野球を精一杯やり、名を成し、現在は85歳で月1回のゴルフ、週1回のヨガを楽しむ人生を送られています。

そんな大先輩から、また、機会があったら使ってと頂いた言葉は、「人間、幾つになっても、教育と教養が必要」です。

真意は、「教育」=「今日、行く」と「今日、用がある」です。

今日行く所があるという意思、今日用があるという生き甲斐、それが長生きの秘訣と、笑って話されていました。

高齢社会に直球勝負。

日本の秋の味覚

2018-09-27

※※※9月27日(木)※※※

「松茸や 孫に取らるる 鼻の先」 京都産松茸を頂きましたので、ひんしゅく覚悟で、今日はすき焼^o^ 孫にも触らすささやかな幸せ^o^

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
 
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
 
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、食事
 

万事、見方次第

2018-09-26

※※※9月26日(水)※※※

神社のおみくじが「凶」と出た場合、これをやばいと悲しむか、これを上昇の余地有りと喜ぶか。

「逆境は不幸」と考えるか、「逆境こそ好機」と考えるか。  はたまた、野に咲く千草を「愛おしく」感じるか、野にはびこる雑草を「気に入らぬ」と嘆くか。 

世の中の物事や出来事は、同じものでも「見方考え方一つ」で喜びにも悲しみにも、感謝にも不満にもなり得ます。

日々の平凡な幸福を喜ぶ人がいる一方で、毎日毎日、不平不満ばかりをこぼす人がいますが、こういう人は、周囲のみんなも不幸にしてしまいます。

教員時代に、 「自分はとても不運な校長だ。 私がいた学校は、私が転勤した後にばかり活躍する。」と憚らずに言う校長に出会った事があります。

その校長の日々の思いやりのない言動は、教職員を傷付けるばかりで、職場の士気は著しく低下していました。

その結果、彼が校長でいる間、学校の様々な教育活動は低迷し、特に運動部は好成績を残せませんでした。

しかし、彼が次の校長と替わったとたん、学校の雰囲気は一変し、職員の士気は上がり、生徒達の大活躍が始まりました。

つまり、その校長は不運の下にいるのではないのです 彼自身が周囲に不運の種をまき散らせ、その結果が不運を招いただけのことです。

踏まれることに不満を感じる雑草となるか、恵みの露に感謝を感じる野辺の花となるか。 そこに「幸と不幸」、「運と不運」の分岐点があります。

ものの見方に直球勝負。

水防殉職者追悼法要

2018-09-25

※※※9月25日(火)※※※

昭和28年の台風16号台風の大雨による野洲川決壊に立ち向かい、犠牲になられた3人を追悼する「水防殉職者追悼法要」が野洲市安治(あわじ)の善福寺で営まれましたので参列させて頂きました。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、室内

昭和28年災害とは、この年の9月15日に、本県を直撃した台風16号の大雨により野洲川が決壊し、野洲市・守山市に甚大な被害をもたらした水防災害の事です。

この夜、野洲川決壊に備え、野洲川堤防で監視活動を続けていた地域住民3名が、水量を増した野洲川の決壊により濁流に呑み込まれ殉職されました。

この殉職された3名の方々を弔うために作られたのが野洲川記念公園で、例年、9月25日に追悼法要が営まれています。

この昭和28年災害がきっかけとなり、国家プロジェクトとして野洲川の大改修が行われ、現在、野洲川流域に住む我々は、安心して生活をしています。

今年は65回目を迎え、また、雨のため殉職者3人の菩提寺でもある、野洲市安治(あわじ)の善福寺で営まれました。

これも、尊い3名の死が無駄にされることなく、生かされたものと感謝の気持ちを込めて参列してきました。

また、近年の台風の多さ、凶暴さを目の当たりににし、今更ながら、水害の恐怖を考える機会となりました。 合掌。

水防殉職者の御霊に直球勝負。

« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2011 toba-yoshiaki.net All Rights Reserved.