活動日記

続プール建設問題

2017-07-27

※※※7月27日(木)※※※

一昨日書きました「プール建設」について、沢山のご意見やら質問を頂きましたので、第2弾として、もう少し詳しく書かせて頂きます。

県当局の提案は、簡単にまとめると次のようになります。

①現在の県立プールは、昭和49年に彦根総合運動公園内作られた滋賀県立スイミングセンターの屋外に50m・25mのプール、飛び込み台・飛び込み専用プールがあるが、今夏をもって全て廃止する。

②そこで、新プール建設を目指して県下19市町にプール建設のアンケート調査を行い、建設を希望する市町があれば、市町を支援する形でプールを建設する。 このプールは、建設後には市(町)営プールとする。

③建設予定の施設は、屋内50m・25m温水プール並びに飛び込み台及び飛び込み用プールとし、屋内50m・25m温水プールについては、県が建設費の3分の2を拠出する。

④飛び込み用プール及び飛び込み台等の建設については、市町の意向調査を行い、希望があれば全額県費負担で建設する。 希望がなければ、建設しない。

⑤この施設は市(町)の運営とするが、維持・管理費については、県も3分の2を負担し続ける。

これに対して、私は以下の様な疑問や意見を持っています。

①今夏、現県立プール施設を取り壊せば、今後は5~6年間県立プールがない状況となるが、県民の利便性をどうするのか。 また、競技者の練習場所や育成をどの様にするのか?

②建設費の3分の2を県が拠出したプールを使用する場合、例えば、大津市に建設し大津市営プールとなった場合、大津市民と大津以外の県民の使用料の設定はどの様になるのか?

③建設費の3分の2という設定の根拠は? また、飛び込み施設の建設は、天井を高くするため工費がかさむと同時に建設後には高い天井が故に空調費が高くつくと考えられるが、それでも飛鳥なのか?

④飛び込み施設について、現在の利用人口はどれくらいか、費用対効果に問題はないのか? また、 市町に建設意向を尋ね、希望がない場合は建設しないと言うことだが、選手強化の方針をどの様に位置付けているのか、県としての信念はないのか?

⑤運営・維持費を永久に払い続けることになるのは如何なものか?

プール建設には、国の補助金が付くことが考えられますが、県民にとっては県費負担としか理解されません。 県費投入施設の市営化は県民の理解が得にくいと考えます。

また、飛び込み施設は費用対効果の面から不必要と判断されると感じます。 また、飛び込み施設を屋内に建設することは、天井を高くすることに他ならず、これは空調費の倍増を意味ことです。

しかし、プルール建設は、一般県民、選手にとってもできるだけ早急に結論を出さなければなりません。 県担当部局のリーダーシップが求められています。

県民プール建設に直球勝負。

 

私と夏の高校野球

2017-07-26

※※※7月26日(水)※※※

今日は、大津市皇子山球場で第99回全校高校野球選手権滋賀大会の決勝戦が行われ、見事に彦根東高校が優勝を果たされました。 おめでとうございます。

いよいよ来年は記念すべき第100回大会ですが、今から40数年前、私も熱い熱い湖国球児でした。

私の高校3年間の成績は、1年生の第52回県大会で準優勝(右翼手・7番)、2年生の第53回県大会でベスト4(捕手・1番)、3年生の第54回県大会・京滋大会で優勝(主将・捕手・1番)でした。

第54回大会開会式(先頭が私)

この3年生の第54回大会は、54年間続いた京都と滋賀の代表校による京滋決勝戦である「京滋大会」の最後の年となりましたが優勝を飾ることができ、第54回全国高校野球選手権大会に出場することができました。

この時、私が受け取った京滋大会の大優勝旗は、54回中51回を京都勢が受け取りましたが、最後は滋賀県勢の取り切りとなり、今でも膳所高校に大切に保管されています。

京滋大会優勝旗授与

第54回全国高校野球選手権大会の開会式は8月11日、私の誕生日は8月12日です。 何とか自分の誕生日に試合をしたいと思いましたが、抽選結果は開会式当日の第2試合でした。

しかし、8月11日当日は史上初、雨中の開会式となり、この日は開会式のみを行い、試合は翌12日に延期されることとなり、私の18歳の誕生日は甲子園球場で迎えることとなりました。 しかし、試合は、広陵高校(広島)に大敗を喫しました。

甲子園での打撃 

その後、滋賀県教員となり、1977年~1980年(瀬田工高:第52回選抜甲子園大会出場)、1981年~1995年(膳所高)、1996年~1998年(石部高)、2002年~2010年(八幡商高:第76・77回選抜高校野球大会、第88回選手権大会)と永らくで高校野球に携わりました。

甲子園でのノック 

私の人生を振り返ってみる時、今更ながら自分と高校野球の関わりの大きさ・深さを感じます。

彦根東高校ナインの甲子園での活躍を心から期待しています。

高校野球に直球勝負。

年一度、至福の鰻

2017-07-25

※※※7月25日(火)※※※

「おい、鰻屋さん、この店の鰻は養殖かい?」 「お客さん、うちは鰻丼専門店ですんで、洋食でなく、和食なんです。」

今日は、「土用丑の日」、そこで、我が家も平賀源内さんのお説に従い、鰻を食す日となりました。 一年に一度の贅沢です。

先ずは、鰻のかば焼き、小鮎の佃煮、たこの酢の物、大好物ばかりが並びました。 これをビールで流し込む至福のひと時。 その後には、鰻丼に卵のすまし汁。 贅沢な夕食になりました。

食当たりはしませんが、バチが当たりそう。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
 
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
 
至福のうなぎに直球勝負。

プール建設問題

2017-07-24

※※※7月24日(月)※※※

今日は「県民生活・土木交通常任委員会」と「文化・スポーツ対策特別委員会」との合同委員会が開催されました。 議題は「プール建設について」です。

滋賀県立スイミングセンターは、昭和49年に滋賀県立彦根総合運動公園内に50mの屋外プール、昭和52年には飛び込み用25m屋外プールと飛び込み台が建設されました。

このスイミングセンターが今夏をもって取り壊されます。 しかし、次のプールの建設について迷走を続けており、新プール建設の目途がついていない状況です。

そこで、今日はこの問題を所管する2つの委員会の合同会議が開催され、県当局から今後の進め方について説明を聞き、質疑応答が行われました。

しかし、依然として、県担当課の説明は理解できないとの指摘が相次ぎ、迷走は続きそうです。 では、何が問題となっているのでしょうか? 私は、大まかに次の様に理解しています。

建設方法:県下19市町にプール建設のアンケート調査を行い、建設を希望する市町があれば、市町を支援する形で建設する。 建設後は、市(町)営プールとする。

建設施設:50m・25m屋内温水プール並びに飛び込み用プール及び飛び込み台を建設する。

建設費:50m・25m屋内温水プールについては、県が建設費の3分の2を拠出する。 その後の運営・維持は市(町)営とするが、運営費・維持費については、県も3分の2を負担し続ける。

飛び込み用プール及び飛び込み台等の建設については、市町の意向調査を行い、希望があれば全額県費負担で建設する。 希望がなければ、建設しない。

これに対して、各議員からは、以下の様な趣旨の疑問や意見が出されました。 いずれも、初歩的で基本的な内容ばかりです。 皆様は如何思われるでしょうか?

①今夏、現県立プール施設を取り壊せば、利用者は5~6年間県立プールがない状況となるのではないか? ②この間、選手の練習、とりわけ飛び込みの選手の練習はどの様に担保するのか?

③市営プールに、何故、3分の2もの建設費補助を出すのか? ④その後も運営・維持費を永久に払い続けることになるのは如何なものか? ⑤県民全体の税金で建設したのに市(町)営となった場合、他市住民の利用料金設定はどうなるのか?

⑤飛び込み施設について、現在の利用人口はどれくらいか? ⑥飛び込み施設の建設について、市町の意向を聴く場合、希望がなかったらどうするのか? ⑦飛び込み施設の建設について、県の方針やリーダーシップはどうなのか? 等々。

今日の合同会議で、この後の及んで、未だこんな議論をしていていいのだろうか、競技者ファーストでも、県民ファーストでもない状況だと感じざるを得ませんでした。

私個人は、①県費で県立の50m・25m屋内プールを作る、②飛び込み施設は作らない、③飛込競技の選手の練習や大会開催は、近隣施設(京都2、大阪3)に頼る、との意見です。

プール建設の議論に直球勝負。

 

記録的大雨の功罪

2017-07-23

※※※7月23日(日)※※※

最近の気象予報やマスコミ報道で、観測史上最大の豪雨、記録的な大雨に見舞われたとと良く聞きます。 日本では、この様な大雨を殴り雨滝落としの雨どざぶりなどと呼びます。

しかし、最近の雨はどう表現したら良いのか分からない位の降りようです。 先般、九州地方を襲った「経験したことの無いような大雨」、昨日は東北地方を襲いました。

これら「経験したことの無いような大雨」による河川の氾濫を見ていると、雨がもたらす水害の恐怖と同時に、雨がもたらす土砂災害の恐怖も感じます。

気象用語で「バケツをひっくり返したような雨」とは、1時間に30㎜以上のことを指しますが、50㎜を超すと辺り一面白くなり、80㎜だと恐怖を感じると言われます。

先日の九州豪雨では、福岡県朝倉市で1時間当たり129.5㎜を記録したとのこと。 やはり、経験したことのない大雨だったんですね。

一方、この九州大雨のニュースを観ていて、フビライハンの指揮の下、日本制服を目指す蒙古軍が2度に渡り博多湾に集結した「蒙古襲来」を考えずにはいられません。

1274年11月(文永の役)と1281年7月(弘安の役)に日本を襲撃した蒙古軍は圧倒的な戦力を有しながら、2度とも九州を襲った暴風雨によって壊滅的な打撃を受けました。

特に「弘安の役」では、総勢14万人とも言われる蒙古軍の大軍が押し寄せ、戦術、戦力、武器全てに劣る我が国は全く勝ち目の無い戦でした。

しかし、7月30日の大型台風の暴風雨により、奇跡的な勝利を得ることになりました。

この神懸かり的な勝利は、我が国に「神風神話」を産み、その後の武士社会や軍国主義を支える精神的存在となりました。

いずれにせよ、今から730年前の丁度今の時期に起こった「経験したことの無いような大雨」が、日本を救ったと思うと複雑な気持ちになります。

経験したことのない大雨に直球勝負。

似て非なる食べ物

2017-07-22

※※※7月22日(土)※※※

今日は夏の「似て非なる食べ物」のうんちくを少々、その前に、そもそも、普段なにげなく使っている言葉「食品」と「食物」の違いとはなんでしょうか?

食品」とは、動植物などの食べられる部分のことで、原材料の状態を言います。 一方、「食物」とは、食品を食べやすいように調理・加工して直ちに食べられる状態にした物を言います。

つまり、「食品」を「食物」に変えて食べている訳で、例えば、「白米」は「食品」であり、これを炊飯して「御飯」にすると「食物」となり ます。

野菜や果物のように調理しなくてもそのまま食べること ができるものもあるので、「食品」と「食物」の違いは厳密なものではないようですが・・・・・。

そこで、今日は夏の「似て非なる食べ物」特集です。

①「そうめん」と「ひやむぎ」の違い ・・・ どちらも原材料は小麦粉、麺の太さの違いだけです。 「ひやむぎ」は麺の太さが1.3mm以上、1.7mm未満、「そうめん」は1.3mm

未満です。ちなみに、「うどん」は1.7mm以上の麺です。

②「もりそば」と「ざるそば」の違い ・・・ もみ海苔の有無だけです。 もみ海苔がかかかっているのが「もりそば」、かかっていないのが「ざるそば」です。

③「サイダー」と「ソーダ」の違い ・・・ 水に炭酸ガスを加えた飲み物を「ソーダ水」 と言い、「ソーダ」とは「ソーダ水」を略したものです。 ソーダ水に甘味や香りをつけたものが「サイダー」です。 ちなみに、「ラムネ」はサイダーをビー玉の瓶に入れたもので、ソーダの仲間と言えます。

④「アイスクリーム」と「アイスミルク」の違い ・・・ どちらも「アイスクリーム類」で、違いは乳固形分と乳脂肪分の成分の違いです。 乳固形分は乳製品のうち水分以外の部分が占める割合を指し、乳脂肪分はその乳固形分に含まれる脂肪分の割合を指します。

「アイスクリーム」は乳固形分が15.0%以上、乳脂肪分が8.0%以上(例:ハーゲンダッツ)、「アイスミルク」は乳固形分が10.0%以上、乳脂肪分が3.0%以上と、牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいるものです(例:MOW・森永乳業)

ちなみに「ガリガリ君」は、アイスクリーム類に入らない「氷菓類(アイスキャンディー)」のため、乳固形分等の量についての決まりはありません。

似て非なる食べ物に直球勝負。

特別委員会調査

2017-07-21

※※※7月21日(金)※※※

今日は文化・スポーツ対策特別委員会の県内調査活動を行いました。 午前中は草津市の立命館大学びわ湖キャンパス、午後は長浜市の赤後寺(しゃくごじ)に伺いました。

草津市「立命館大学びわ湖キャンパス」に建設された「スポーツ健康コモンズ」にて、アリーナ(体育館)とプール施設を視察・調査し、その取り組みについて説明を受けました。

大学正門の直ぐ横に造られたアリーナとプールは、一般学生、教職員、そして、地域住民の心身の健康増進に寄与するための施設で、様々な運動プログラムが準備されていました。

私からは、①本施設運営の費用対効果、②持続可能な施設・プログラムについて伺いました。

SHIRU CAFE」とは「知るカフェ」のこと。 カフェと図書館が合わさった様な空間で、学生達はソフトドリンクが無料と言うパラダイスゾーンです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、空、雲、木、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、室内
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、空、プール、雲、屋外
 
自動代替テキストはありません。
 
画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、木、屋外
 

滋賀県長浜市内には、130を超える観音様が存在しており、地域住民により今なお大切に守り継がれ、地域の暮らしが一体になり長浜市の観音文化を形作っています。

長浜市は東京都上野に「びわ湖長浜KANNON HOUSE」を創設し、この様に日常生活と一体となったな観音文化の魅力を発信しています。

そこで、長浜市の「赤後寺(別名・ころり観音)を拝観させて頂いた後、観音文化の魅力発信に向けた長浜市の取り組みを調査しました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:木、空、屋外、自然
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、室内
 
 委員会調査に直球勝負。

 
 
 
 

3次喫煙の恐怖

2017-07-20

※※※7月20日(木)※※※

三次喫煙(さんじきつえん)」とは、「残留受動喫煙(ざんりゅうじゅどうきつえん)」、「サードハンドスモーク(third-hand smoke)」とも呼ばれます。

一次喫煙(first-hand smoke)」とは、喫煙者がたばこの煙を自身の肺に吸い込むことです。

二次喫煙(second-hand smoke)=  受動喫煙」とは、喫煙者が吐き出した煙や保持するタバコの先から立ち上る煙などが大気を経由して他人の肺に吸入されることです。

三次喫煙(third-hand smoke)」は、タバコを消した後の残留物や受動喫煙が終わった後も表面上にまだ残る有害物質をさらに吸入することです。

そして、今、この「三次喫煙」の潜在的な危険性が大問題となっています。

62歳の今まで1本のたばこも吸ったこともない「大のたばこ嫌い」の私にとっては、大変興味深い問題です。 そこで、ある新聞記事から「三次喫煙」についてまとめてみました。

①短時間で「二次喫煙」がその空間から消えた後も、ニコチンと他の要素は表面を覆って毒素を発し続ける傾向がある。

②車や部屋の内部に残留するタバコのニコチンが、大気中の亜硝酸と反応して発がん物質であるニトロソアミンが作られることが判明した。

③長い間喫煙されていた車両の内部を拭くのに使ったセルロース基質の亜硝酸が、一般的な家でみつかる 4~12倍のレベルの濃度となることが示された。

④喫煙を行った後に3日間同じ車両で拭くことなく放置していたセルロース基質においても、同じような結果となった。

⑤確実に換気をして喫煙しても、その空間では三次喫煙による堆積は排除できず、三次喫煙には放射性崩壊元素ポロニウム210を含む11の発がん物質が見つかった。

この様なことから、「小さな子供たちは床に這って手も洗わずに食べる可能性が高いため、三次喫煙は潜在的に乳児や幼児に危害をひきおこすと考えられる。」と結論付けています。

三次喫煙は比較的新しく発見された概念で、現在はまだその危害の実際の大きさは判明していない状況もあり、受動喫煙(二次喫煙)と比較すると一般の認識は低いと言えます。

しかし、米国では、裁判官が、特に「幼児や胎児がいる状況での三次喫煙の危険性の理論」を認めているとも伝えられていますので、私は一考の価値ありと思います。

三次喫煙に直球勝負。

高校野球の審判哲学

2017-07-19

※※※7月19日(水)※※※

昨日の続きで、「高校野球のボークと審判」について書きます。

1998年の第80回全国高校野球選手権大会、豊田大谷(愛知)対宇部商(山口)戦は、延長15回、宇部商2年生エースのボークで豊田大谷がサヨナラ勝ちしました。

延長15回裏、200球を超える球を投げてきた宇部商の2年生エースは、この場面でプレート板に足をかけセットに入る姿勢のまま右手をグラブから離しました。

これは、塁に走者がいる時に投手がしてはいけない行為である「投手が投球動作を中断した場合」に該当しますので、主審は迷わず「ボーク」を宣告し、サヨナラゲームとなりました。

試合直後、このジャッジを下した審判に対して、観客や報道陣から「なんであんなところでボークを取るんだ、注意で終わらせられないのか」といった声も聞かれました。

私もこの試合を観ていましたが、とても複雑な心境になりましたし、宇部商の2年生エースには残酷な気もしました。

試合終了時は野手のグラブに送球や打球が収まりますが、この試合は、宇部商投手の手にボールが握られたままでした。

通常、甲子園の暗黙のルールとして、このウイニングボールは目立たないように、勝利校の主将にプレゼントされます。

ボークを犯した宇部商投手が、手に握っていたボールを球審に渡そうとした時、球審は、「このボールは君が持っておきなさい。そして来年、また甲子園に来なさい」と受け取らず、勝った豊田大谷には予備用の試合球を手渡しました。

どれほど残酷な結果であろうと、血の通ったルールの番人があればこそ、球児は球場で躍動するのです。

高校野球の審判哲学に直球勝負。

捕手のボーク

2017-07-18

※※※7月18日(火)※※※

第99回全国高校野球選手権大会の地方予選真っ盛りですが、先日15日、徳島大会の1回戦で、城東高が九回サヨナラ(城東2-1阿波)で阿波高を下した記事が目に留まりました。

~ ~ ~ 白熱の投手戦で迎えた1-1の九回裏、城東高の攻撃は先頭の3番打者が右中間二塁打で出塁、4番打者が送りバントを決めて1死三塁の状況となった。

サヨナラ負けの大ピンチを迎えた阿波高の監督は満塁策を選択し、5番打者の敬遠をバッテリーに指示した。

そして、阿波高の投手が、5番打者に投じた2球目に、球審がボークを宣告し、三塁走者が生還となり、城東高のサヨナラ勝ちが決まった。

このボークは、阿波の投手が投球動作に入った時点で、捕手の両足がキャッチャースボックスから出てていたため、いわゆる「キャッチャーボーク」が適用された。  ~ ~ ~

ボーク」とは、塁に走者がいる時に投手がしてはいけない行為のことで、投手が以下の様な行為を行った場合、審判が反則行為とみなして宣告します。

1、投手が投球動作を中断した場合

①自由な足を上げたところで一度止めてタイミングを外そうとする行為(含2段モーション)、②投げようとしたが、軸足がふらついて投球をやめてしまった場合(こけた場合)、③サインを見ているところからセットポジションに入ろうとストレッチをする途中でやめてしまった場合。

2、投手がクイックピッチ(バッターが構えていないのに投球した)をした場合

3、投手がボールを持たずにプレート付近に立った場合

4、投手が牽制の際に不正行為を行った場合

①セットポジションで完全静止を怠った場合、②牽制でベースの方向にしっかりと足を踏み出さなかった場合、③2塁への牽制の際、軸足をプレートの前に外した場合、④左ピッチャーが1塁牽制をする際に軸足(左足)と右足が交差した場合(硬式野球の場合は自由な足がプレートの後縁を越えた場合)、⑤1塁・3塁への牽制時に偽投(投げるふり)した場合、⑥走者のいない塁に牽制(送球)をした場合

5、捕手が敬遠時にキャッチャースボックスから両足を外れて構えた(キャッチャーボーク)の場合

ボークは投手に対して宣告されますが、今回は捕手の行為に起因して、投手がボークを犯してしまったケース、つまり、5、の場合です。

野球規則6・02の「投手の反則行為」に、「故意四球が企図されたときに、投手がキャッチャースボックスの外にいる捕手に投球した場合にボークとなる」があります。

これが、捕手によるボーク、いわゆる「捕手ボーク」といわれる規定です。 片足をキャッチャースボックスの中に置いて構え、投球と同時にその外へ出るのはOKです。

また、敬遠時以外はキャッチャースボックスから足がはみ出ていてもOKです。

ボークを宣告されると、塁上の走者は1個進塁することができ、無走者の場合の反則投球はボールが宣告されます。

阿波高校の捕手はこのルールを指導されていなかった様で、3塁走者が生還が認められ、サヨナラ負けとなったものです。 指導者に喝。

高校野球の指導に直球勝負。

« Older Entries
Copyright(c) 2011 toba-yoshiaki.net All Rights Reserved.