活動日記

投手のガッツポーズ

2018-08-17

※※※8月17日(木)※※※

相手打者を三振に打ち取った際、大きなガッツポーズをして雄たけびを上げることで話題になっている創志学園(岡山)の西純矢(2年)投手が、球審から注意を受けたそうです。

甲子園での2回戦、試合の序盤にベンチに帰るとき、球審から「必要以上にガッツポーズはしないように」と強い口調で言われた様です。

感情をむき出しにしながら、相手に立ち向かうのが西君の投球スタイルですが、試合中にそれを否定され、リズムが狂った西君は、9四死球と大乱調となり2回戦で敗退しました。

試合中の不意な禁止通達が動揺を誘ったことは想像に難くありませんが、同校の監督は試合後にこの話を聞いて驚いていたそうですが、私にとってはこの監督の驚きに驚きました。

ガッツポーズは、相手ベンチに向かって挑発行為を取っている訳ではなく、高校野球の規則で禁止されている訳ではありません。 

これに対して、高野連事務局長は、「ルールでは禁止されてはいませんが、マナーの問題。 高校野球の精神として相手をリスペクトすることが大事。」と話しています。

長い高校野球指導のある私としても、「ガッツポーズで喜びを表すというのは自然の姿ではあるものの、相手の心情も考えて、度が過ぎる行為は慎むべき」だと思います。

野球の本場である米国や国際大会では、こうした行為はやってはいけないという「アンリトゥン・ルール暗黙の了解)」があります。

ただ、甲子園の2回戦の段階で、審判団がやかましく言い出したということについては、どうかと思います。

甲子園での一回戦の創成館戦や地方(岡山)大会で、きちんと注意喚起し、指導されていたのでしょうか。 その意味で、創志学園の監督は驚いたのかも知れません。

「過度なガッツポーズがダメだというのなら、規則として明記するべき」との声も聞こえますが、それは書くべきではありませんし、書くことができません。

なぜなら、野球人としてのマナーは数限りありますので、一々書けないからです。 規則で書かれていなくても、してはいけないことを判断する精神を養うことが重要です。

皆さんのお宅の電子レンジに、「このレンジで猫の毛を乾かさないで下さい。 猫を入れないで下さい」と注意書きがありますか? それと同じです。

「注意書きがなかったら、レンジに猫を入れますか」、それと同じくらいの、当然のマナーです。

今大会に出場している近江高校の2年生投手林君、彼のマウンド上での表情・動作を見て下さい。 そんなガッツポーズや嫌な顔など要らない動作は一切しません。

西君は、昨年お父さんを亡くしたと聞いています。 それだけに、今年の甲子園で期する大きなものがあるのでしょう。 それも分かります。

だからこそ、自分だけでない、対戦相手に敬意を払う思いやりの心を学んで欲しいと思います。それが、高校野球をする本当の意味です。 

そして、それをきちんと教えるのが指導者の果たすべき役割です。

高校野球の精神に直球勝負。 

 

 

近江野球観戦記

2018-08-17

※※※8月17日(金)※※※

第100回全国高等学校野球選手権大会3回戦、近江高校 対 常葉菊川高校との試合開始。 今日はテレビ観戦させてもらいました。

近江高校対常葉菊川高校 9-4で近江が勝利し、14年振りのベスト8進出、おめでとう。

試合を振り返ってみます。 先ず、近江の林投手の立ち上がり、今日は快投と言うよりパーフェクト投球。 しかし、その陰に捕手有馬君の好リードが光ります。 手応え十分です。
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、野球、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、スポーツ
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、スポーツ、野球
 
5回終了、近江4-0常葉菊川。 近江の送りバントが相手エラーを誘い、2点追加。 バントをきちんとすることで、攻撃のリズムが生まれ、チャンスが広がります。
 
攻撃な作戦とは、単に打つだけでなく、打つ状況を作ることです。 自信と過信を勘違いしないことが重要です。
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、スポーツ、野球

私は捕手出身ですから、プロ野球でも高校野球でも、必ず自分のサインと捕手のサインを照らし合わして観戦しますが、今日の近江の有馬君のサインとは9割合致します。

7回表、内野手のミスでゲッツーが取れず、1点を取られてしまいました。 しかし、この1点を取られた事で、逆に近江が勝利に近づいたと感じした。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、帽子、クローズアップ
 
近江が6対1とリードした8回の裏の攻撃。 無死二塁から次打者にバントではなく強行策を採りましたが、これはバントの成否ではなく、また、得点の有無に拘わらず、きちんとした作戦で行かなければなりません。

この後の攻撃で安打が続き、結果として、近江の大量得点でこの作戦ミスは隠れましたが、本当に強いチームになるためには、やはり、理詰めの攻撃が重要だと思われます。

その辺を考え、9点目をスクイズで取りに行ったのは、流石です。

自動代替テキストはありません。

平成16年の第76回選抜高校野球大会の1回戦で、八幡商業高校は常葉菊川高校と対戦し、1-3と負けていた試合を9回裏に逆転し、4X-3でサヨナラ勝ちをした事があります。

この試合を通じて、試合はゲームセットを宣告されるまで、分からないと言う事を思い知らされた経験があります。

だから、その後の高校野球指導では、今まで以上に、最後までキチンとしたプレーを積み重ねなければならないことを選手達に言い続けてきました。

その点、今日の近江高校バッテリーのインサイドワークは素晴らしいの一言です。 

試合後のインタビューで、多賀監督は勝因について、4番北村君の打撃を挙げていましたが、私は林・有馬の近江バッテリーが勝因だと感じました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト
 
湖国球児の活躍に直球勝負。
 

敗戦の日について

2018-08-15

※※※8月15日(水)※※※

8月15日は、日本では「終戦記念日」と表現されますが、そもそも世界的には「終戦を記念するという概念」がありませんので、異論が唱えられることがあります。 

終戦記念」という言葉には、戦争を引き起こした反省や敗戦の懺悔が込められていないと捉えられるからです。

本日行われた全国戦没者追悼式で、天皇陛下は「戦陣に散り、戦禍に倒れた人々に対し心からの哀悼を捧げ、世界の平和と我が国の一層の発展を祈る」とお言葉を述べられました。 

日本が「ポツダム宣言」を受諾し、戦争が停止された1945年8月15日と、「サンフランシスコ講話条約」が発効されて、真にこの大戦が終結した1952年4月28日を、私達は記憶しておかなければなりません。

その意味でも、少なくとも今日は「終戦記念日」というより、「敗戦の日」が妥当だとする意見に同感です。

終戦の日に直球勝負。

非生産的政治家

2018-08-14

※※※8月14日(火)※※※

去る、7月下旬、自民党の杉田水脈議員がLGBT(同性愛者)について、「非生産的」などと言及した問題が波紋を広げています。

大手海外メディアのCNNは「日本の政治家がLGBTを非生産的と呼ぶ」と報道し、杉田議員の発言でLGBT団体から抗議の声が相次いでいると取り上げていました。

他にも複数の海外メディアが杉田議員の発言を取り上げている状態で、LGBT問題への意識が高い国だと反発や怒りのコメントも見られました。

この問題発言についての論議を聞いていて、数年前、あるテレビ番組での、政治評論家の竹田恒泰氏の発言を思い出しました。

これはオリンピックで好成績を取れなかった選手に対する苦言で、「日本は国費を使って選手を送り出している。 選手個人の思い出づくりのために選手を出している訳ではない」との発言です。

これに対して、陸上400m障害のオリンピック選手である為末大氏は、「税金を投入したのにメダルが取れなかったという議論は恐ろしい」、「ブラック企業の論理」と反論しました。

杉田議員の発言も、竹田氏の発言も、その根本は同一です。 「子どもを産めない者は非生産的」、「勝てない選手は、金の無駄」という論理です。

この論理を国民に当てはめてみると、「国民生活には税金が投入されているが、全ての国民が税金に見合う利益を国家にもたらしているのか」と言う発想に繋がります。

全ての国民が税金を出し、その税金によって、国民は様々な行政サービスを享受しています。 しかし、国民の中には、労働も出来ず、従って税金も払えない人達もたくさんおられます。

その人達は、社会の邪魔者でしょうか? 生産性のない無用な人達でしょうか? 存在することが許されないのでしょうか?

杉田議員や竹田氏の発想を突き詰めてゆけば、これは、一昨年、相模原市で起こった障害者大量殺人の犯人と同じような思想になるのではないでしょうか。

杉田議員の様に基本的人権を侮蔑する発言をする政治家に、税金から多額の歳費を支出することこそ、正に生産性のかけらもないことです。

スポーツの価値に直球勝負。

近江の小さな大投手

2018-08-13

※※※8月13日(月)※※※

第100回記念全国高等学校野球選手権大会。 第3試合に出場する滋賀県代表の近江高校を応援するために、甲子園にやってきましたが、真夏の甲子園球場は超満員です。

球場に入る前に、先ず、目に付いたのは、兵庫県警の粋な電光掲示を出しているパトカーでした。

画像に含まれている可能性があるもの:冨波 義明さん、スマイル、屋外
 
自動代替テキストはありません。
 
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
 
自動代替テキストはありません。
 
画像に含まれている可能性があるもの:空、スタジアム

グランドは灼熱地獄ですが、銀傘の下は陰になり、涼しい浜風が通っています。 選手達には申し訳ありませんが、助かりました。

画像に含まれている可能性があるもの:5人、群衆、スタジアム
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、群衆、スタジアム、屋外
 
試合前ノック開始。 選手の動きは明らかに近江の方が2枚ほど上、特に前橋育英の内野手のフットワークとスローイングが悪い様に感じました。 
 
投手力は互角で、打力は近江が一枚上。 ひょっとしたら大差(8対2くらい)がつくかもしれません。 
 
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
 
近江の2番手投手、林君登場。 頑張れ、小さな大投手。 4回からリリーフした近江の2番手林投手は、終始冷静で素晴らしいピッチングを展開しました。
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、スポーツ、スタジアム、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、スポーツ、スタジアム、屋外

 
画像に含まれている可能性があるもの:3人、冨波 義明さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)
 
近江  4  対  3  前橋育英にサヨナラ勝ち。おめでとう。 よくやった!今日の殊勲者は、勿論、小さな大投手、林君でしょう。

画像に含まれている可能性があるもの:スタジアム、屋外

湖国球児の活躍に直球勝負。

2人の孫と共に

2018-08-12

※※※8月12日(日)※※※

1954年8月12日生まれの私。 お陰様で、孫二人に囲まれて、元気に64歳の誕生日を迎えさせて頂きました。 心から感謝です。

午前中は、4歳の孫と共に琵琶湖に泳ぎに行きましたが、どちらが遊んでもらっているのか分からないくらい楽しませてもらいました。

午後は、この孫が「そうめん流し」をしてみたいと言うので、竹を切り、それを割り、立派な流し場ができました。

いよいよ、「そうめん流し大会」が始まりましたが、孫は麺を流したいものの、そうすると自分が食べられない。 自分が食べると流せない、というジレンマに陥りました。

そこで、彼は考えました。 そうめん麺の入ったざるを妻に持たせ、自分はつゆの入った茶碗を持ち、そうめんを流した直後に、自分も食べる、そして、又流すの繰り返し。

正に、自分を中心とした、自分のための「そうめん流し大会」でした。 しかし、来年、今4ヶ月の孫が動き出したらややこしい事になりそうです。

子どもは社会の宝」と言う言葉は、今までから散々聞いてきたことばですが、「子どもは宝」と言う言葉の本当の意味がようやく分かってきました。

また、来年以降は、孫2人が絡んで、さらにややこしい事になりそうですが、それを楽しみにしたいと思います。 

これからも、何事にも直球勝負の精神を忘れずに、アクティブに活動して参りますので、宜しくお願い致します。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、冨波 義明さんを含む、、スマイル、赤ちゃん
 
画像に含まれている可能性があるもの:2人、冨波 義明さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)、海、屋外、水、自然
 
画像に含まれている可能性があるもの:2人、冨波 義明さんを含む、、スマイル、屋外
 
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
 
孫との人生に直球勝負。
 
 

56年前の奇跡

2018-08-11

※※※8月11日(土)※※※

今から46年前の8月11日、私は甲子園球場で行われる第54回全国高校野球選手権大会の開会式に参加していました。 

yjimage3昭和47年、高校野球に熱中していた私は、幸運にも第54回全国高校野球選手権滋賀大会に優勝することが出来ました。

しかし、当時は滋賀県の高校は、県大会で優勝しても、京都の優勝高校と代表決定戦(京滋大会)を行い、これに勝たなければ、甲子園には出場することができませんた。

京滋大会54年間で、滋賀県勢が代表となったのはわずかに八日市と守山、比叡山高校の3校だけでしたが、私たち膳所高校ナインは京滋大会にも勝利し、創部以来の悲願である甲子園出場を果たすことが出来ました。

開会式は、8月11日に予定されていましたが、実は、翌8月12日が私の誕生日なので、試合は2日目の12日の試合を引き当てたいと思っていました。

しかし、が、残念ながら、主将である私が引き当てたのは、開会式当日の第二試合、広島県代表の広陵高校との対戦でした。

 ところが、8月11日の開会式当日は朝からの雨。 選手権大会54回で史上初の雨中の入場行進となり、試合は中止、翌日に延期されました。 

かくして、私は18歳の誕生日、甲子園で試合をすることとなりましたOLYMPUS DIGITAL CAMERA 。 

高校野球をしていた偶然、甲子園に出られた偶然、開会式に雨が降り、試合が延期された偶然。 夏の甲子園で生まれた奇跡でした。

毎年、8月11日を迎える度に、父・母への感謝と共に、この数奇な偶然にも感謝の気持ちで一杯になります。

56年前の奇跡に直球勝負。

米国51番目の州

2018-08-10

※※※8月10日(金)※※※

9月の自民党総裁選に関する報道が過熱しています。そこで、少々自民党の総裁を決定する総裁派閥の系譜についてまとめておきます。

かつて、自由民主党の総裁選は、「清和会」と「経世会」の2大派閥が抗争を繰り返してきました。

両者の違いを簡単にいうと、「清和会」は対米国追随、「経世会」はアジア外交重視です。

真偽は定かではありませんが、「清和会」は米国に有利な政策を遂行し、その報酬としてCIAから資金援助を得て勢力を伸ばしてきたと言われています。

岸信介氏がCIAに雇われたエージェントだったことは、後年情報公開された米国務省、米国立公文書記録管理局の資料で明らかになっています。

清和会系の政治家は、岸信介を筆頭に、佐藤栄作、福田赳夫、中曽根康弘、安倍晋太郎、森 喜朗、小泉純一郎、安倍晋三氏などです。

一方、「経世会」は、ヨーロッパやアジアとの関係を強化することを重視する集団で、田中角栄氏がその代表です。

しかし、「清和会」の政治家と違い、「経世会」の政治家は、ほとんどが失脚もしくは殺害の末路を迎えているとされています。

田中角栄=逮捕(ロッキード事件)、竹下登=失脚(リクルート事件)、金丸 信=逮捕(佐川急便献金)、中村喜四郎=逮捕(ゼネコン汚職)、小渕恵三=急死(ミステリー)、鈴木宗男=逮捕(斡旋収賄)、橋本龍太郎=議員辞職(日歯連贈賄事件)、小沢一郎=(西松不正献金)等です。

これらは、米国CIAが関係したのではないかと言われており、結局のところ米国の支配を受け入れる政治家しか、この国では活躍できない仕組みが出来上がってと指摘されています。

さて、今秋の自民党総裁選、米国主導のどの様な戦略が練られているのでしょうか。 それとも、日本は、それほど米国追従の国ではないのでしょうか。 私には分かりません。

まっとうな日本に直球勝負。

教育環境の整備

2018-08-09

※※※8月9日(木)※※※

今日、7月定例県議会が閉会しました。 

今議会は、先の竜巻や豪雨被害の支援などの補正予算を中心として、特に酷暑に伴う県立学校の空調設備(クーラー)の設置が大きな県政課題となりました。

そこで、議会終了直後に会派として、県立学校の空調設備の充実を知事に要望しました。

論点は3つ。①学校安全衛生法に基づく学校の環境安全基準では、夏季の室温は28度と定められているが、この基準を大きく逸脱している現状が是正される必要性。

②本県の学力について、様々な意見がある中、学習環境を整備する必要性。

③生徒のみならず、教員の労働環境の整備の必要性。

以上3つの観点から、改めて知事に直接要望しました。 教育環境の整備、特に子ども達の安全と安心を担保する必要性があります。

画像に含まれている可能性があるもの:9人、、冨波 義明さん、大橋 通伸さん、柴田 智恵美さん、大岡 敏孝さん、塚本 茂樹さん、田中 松太郎さん、清水 鉄次さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)、スーツ
 
教育環境の整備に直球勝負。

翁長沖縄県知事の死

2018-08-08

※※※8月8日(水)※※※

本日、翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事が、膵(すい)がんのため亡くなられました。 心からご冥福を申し上げます。

米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設阻止のため政府と激しく対立してきたリーダーだけに、移設反対派の方々の喪失感は如何ばかりかと思います。

特に、目前に迫る辺野古埋め立ての土砂投入を食い止めるため、前知事による埋め立て承認撤回を進めようとした矢先の悲報だけに、悲鳴が聞こえて来る様です。

3年前、沖縄での研修に寄せて頂いた際に、翁長沖縄県知事から「戦う民意」についての講演をお聞きし、その後、親しくお話しをさせて頂いたことを思い出しています。 

その時の講演内容は、
 
①戦後は生産手段が全て破壊され、沖縄のGDPの50%が基地関連収入となった。 その後、日本復帰時には15%に、今はあれだけ基地があるのに5%まで下がった。
 
②本土からは基地で儲かっていると言われるが、基地は沖縄経済発展の最大の阻害要因だ。 本土の人にそれがなかなか通じない悔しさを理解いただきたい。
 
③沖縄は基地を撤去し、平和の緩衝地帯になることで世界の平和に貢献できる。
 
④国が提訴した代執行訴訟は地方自治法を無視している。 これでは、『法治国家』ではなく『放置国家』だ。 
 
これは、単なる沖縄の基地問題ではなく、「地方自治と民主主義の問題」だ、と熱く語られていたことを思い出しています。

翁長知事の死が、今後、沖縄の基地の行方にどの様に影響するのか、私も注目して行きたいと思います。

沖縄の行方に直球勝負。

« Older Entries
Copyright(c) 2011 toba-yoshiaki.net All Rights Reserved.